キム・テリやキム・ウビンが過去と現代を行き来?映画『宇宙+人』、好奇心煽るスチール公開

2022年06月22日 映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

作品ごとに魅力的なキャラクターとしっかりとしたストーリーテリング、独特の演出力で韓国ジャンル映画の第一線をリードしてきたチェ・ドンフン監督の新作映画『宇宙+人』(原題)第1部が、前例のない新しい世界観とストーリーを垣間見ることができるスチールカットを公開した。

【写真】女優キム・テリ、31歳に見えない“ドレス姿”

『宇宙+人』(監督チェ・ドンフン、配給CJ ENM、制作caperフィルム)第1部は、高麗時代末、噂の神剣を手に入れようとする道士たちと、2022年に人間の体の中に収監された宇宙人ジェスを追う人々の間に時間の扉が開かれて繰り広げられる物語を描いた作品だ。

6月22日に公開された報道スチールは、高麗時代と現代を行き来する独創的なストーリー、韓国を代表する俳優らが完成させた強烈なキャラクターたちをそのまま込めており、注目を集める。

ストーリーが気になりすぎる

まず、神剣を手に入れようとする中途半端な道士ムルク(演者リュ・ジュンヨル)が個性あふれる表情で街を活歩する姿は、キャラクター特有の自由奔放なエネルギーを垣間見させており、リュ・ジュンヨルの多彩な演技変身を予告する。

(写真提供=『宇宙+人』)

ここに宇宙人ジェスの護送を管理するガード(演者キム・ウビン)の任務遂行過程を捉えたスチールカットは、新しい局面に向かうストーリーに対する好奇心を刺激する。続いて、謎の雰囲気を漂わせて神剣を求めてさ迷う雷を撃つ女イアン(演者キム・テリ)のスチールは、皆が手に入れようとする神剣に隠された正体と、それをめぐって繰り広げられる予測不能な展開を感じさせる。

(写真提供=『宇宙+人』)
(写真提供=『宇宙+人』)

一方で、知ることのできない理由で宇宙人に追われる刑事ムン・ドソク(演者ソ・ジソブ)の緊迫した表情の変化を捉えたスチールは、疑問の事件を目撃したムン・ドソクの前に、どんな展開が待っているのかとハラハラさせる。

(写真提供=『宇宙+人』)

それだけでなく、自ら制作した武器を自慢する三角山の2人の神仙フクソル(演者ヨム・ジョンア)とチョンウン(演者チョ・ウジン)の滑稽な魅力が詰まったスチールは、ヨム・ジョンアとチョ・ウジンが作り出す愉快なアンサンブルを期待させる。

(写真提供=『宇宙+人』)
(写真提供=『宇宙+人』)

過去に見たことがない新鮮なストーリーと、個性の強いキャラクターの饗宴を期待させるスチールカットを公開した『宇宙+人』第1部は、新たなジャンル的な経験をプレゼントし、観客の心を完全に奪うと予想される。

SFアクションファンタジー映画『宇宙+人』第1部は、来る7月20日に韓国で公開される予定だ。

(記事提供=OSEN)

【画像】ソ・ジソブが妻に“一目惚れ”した瞬間は?

【写真】キム・テリ、『ヴィンチェンツォ』女優とのキスショット!?

リュ・ジュンヨル&Girl's Dayヘリのデート目撃談

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集