#麻薬#性暴行#飲酒ひき逃げまで…韓国芸能界に今、何が起きているのか

2019年07月15日 話題 #パク・ユチョン
このエントリーをはてなブックマークに追加

大衆からの愛情と羨望を一身に浴びる韓国芸能界が、相次ぐ物議で社会問題の中心に立っている。

その種類も範囲もさまざまだ。

麻薬、性暴行にわいせつ行為、飲酒ひき逃げ…。これらの罪を犯した彼らは、歌手や俳優、ミュージカル俳優、子役出身役者などだ。

これまでお茶の間やスクリーン、劇場で好きな芸能人に歓呼したファンたちも、最近は彼らを見るために裁判所の前で涙を流す苦労をしている。

それだけではない。国内外の芸能界関係者らと会ってビジネスやスケジュール調整してきたマネージメント関係者らは、彼らの法律的な問題を解決するために苦労している。輝かしいスターのためとはいえ、その作業は苛酷だ。

【写真付き】カン・ジファン緊急逮捕で再注目…「性的暴行疑惑」が浮上した“韓国スター”一覧

最近で最も失望を抱かせた芸能人として、パク・ユチョンとカン・ジファンらが挙げられる。

カン・ジファン(左)とパク・ユチョン(右)

昨年の韓国芸能界では、キム・ギドク監督からチョ・ジェヒョンにいたるまで、中年の芸能関係者らによるセクハラが物議を呼んだが、パク・ユチョンは虚偽の記者会見をし、世間を欺いた。

涙の記者会見を通して「絶対に麻薬はしていない」というパク・ユチョンの言葉とは違い、現実は麻薬陽性反応が出たのだ。パク・ユチョンは周囲の関係者たちに「僕は本当にしなかった」と最後まで否定したが、結局、懲役10カ月・執行猶予2年を言い渡されてから「正直に生きるつもりだ」と頭を下げた。

カン・ジファンのわいせつスキャンダルも芸能界に衝撃を与えた。

外部スタッフの女性2人に対しして、性的行為およびわいせつ行為をした容疑で逮捕されたカン・ジファンは7月12日に拘束された。

「私生活に問題がある」とのウワサが現実に。次もあるのか?

カン・ジファンは7月9日、女性外部スタッフのA氏とB氏と京畿道・広州市の自宅で酒を飲んだ後、2人が寝ていた部屋に入ってA氏に性的暴行を加え、B氏にセクハラした疑いを受けている。マスクをつけたまま、縄で縛られたカン・ジファンの姿も、1本のドラマを見るようだった。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集