是枝裕和監督初の韓国映画『ベイビー・ブローカー』、カンヌに正式出品決定!豪華出演者のコメントも

2022年04月27日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

是枝裕和監督の最新作にして、初韓国映画となる『ベイビー・ブローカー』が、現地時間5/17日(火)~28日(土)開催予定の第75回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に見事選出され、正式出品が決定した。

【写真】カン・ドンウォンがBTSと豪華会合

本作は“赤ちゃんポスト”に預けられた赤ん坊を巡り出会っていく人々が描かれる、ヒューマンドラマだ。

是枝監督作品がカンヌ国際映画祭でコンペティション部門に選出されるのは、最高賞のパルムドールを受賞した2018年の『万引き家族』から4年ぶり、6回目となる(カンヌ国際映画祭への出品自体は8回目)。

ⓒ 2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

これまで、2004年『誰も知らない』では主演を務めた柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞、2013年『そして父になる』では審査員賞を受賞、2018年『万引き家族』ではパルムドールを受賞している。

さらに、是枝監督は2019年ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門でオープニングを飾った『真実』で、海外の才能たちとの本格的なセッションに踏み出しているが、本作はそれに続き、韓国の製作・俳優陣と長年温めてきたオリジナル企画を映画化した初の韓国映画となる。

主演を務めるのは、2020年アカデミー賞作品賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』でも主演を務めたソン・ガンホ。ほかにも、『新感染半島 ファイナルステージ』のカン・ドンウォン、韓国の国民的歌手で女優としても活躍しているイ・ジウン(IU)、『グエムル~漢江の怪物~』や日本映画、ハリウッド作品にも多数出演しているペ・ドゥナ、『梨泰院クラス』のイ・ジュヨンなど、韓国を代表する俳優たちが名を連ねている。

そして今回のカンヌ正式出品決定に伴い、カンヌ版ポスターと出演者たちの喜びのコメントが到着した。

世界中から注目を集める『ベイビー・ブローカー』は、6月にTOHOシネマズ日比谷ほかで全国ロードショー。

(ⓒ 2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED)カンヌ版ポスター

カンヌ正式出品に関する出演者コメントは以下の通り。

ソン・ガンホ:カンヌ映画祭への参加は、常にワクワクして楽しいことです。何より、是枝裕和監督や出演者の皆さんとこの素晴らしい知らせを共有できることを光栄に思い、感謝しています。

カン・ドンウォン:『ベイビー・ブローカー』はみんなで心をこめて作った作品なので、“カンヌ入選”という意味深い知らせを聞いて、とても有難く思います。カンヌ映画祭に続いて劇場公開もされるので、観客の皆さんとのひとときを、これまで以上に楽しみにしています。

ペ・ドゥナ:嬉しく、光栄です。『ベイビー・ブローカー』は、是枝裕和監督と『空気人形』以来12年ぶりにご一緒させていただいた2作目ということで、すでに私にとって特別な作品になっています。まだ本編を観られていませんが、カンヌのリュミエールシアターで初めて観られたら、とても嬉しいです。

イ・ジウン(IU):昨年の春、『ベイビー・ブローカー』を撮影している間、沢山のことを教えていただき感謝し魅了されたことを覚えています。この春も、カンヌ映画祭に招待されたことで再び興奮し、昨年の春と同じように魅惑的なものになるような気がしています。

イ・ジュヨン:昨年の今頃は全国各地で『ベイビー・ブローカー』の撮影をしていました。そして、再び春が訪れると同時に、このような嬉しい知らせを聞いて感激しています。楽しく撮影させてもらった『ベイビー・ブローカー』が、沢山の方に届くことを願っています。

『ドライブ・マイ・カー』が韓国でも異例の大ヒットの理由

【写真】ショートパンツから伸びる「驚愕美脚」に惚れ惚れ…“モデル”ペ・ドゥナの最新カット

【写真】「もはや妖精」歌手IUの“美脚ショット”

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集