韓流時代劇に欠かせぬ妖艶な悪女たち。朝鮮王朝「三大悪女」はいかに成り上がったか

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝鮮王朝でも特に有名な三大悪女といえば、張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)の3人だ。彼女たちはどんな手段を使って高い地位を得ていったのだろうか。

(関連記事:朝鮮王朝で、在位があまりにも短かった国王は誰なのか

まずは張緑水(チャン・ノクス)。

彼女は極貧の中で育った。やがて名家の屋敷で働く奴婢(ぬひ)の妻となった。

このとき、張緑水の欲望に火がついた。上流の世界を垣間見た彼女は、奴婢からの脱出を決意した。

張緑水は息子を産んでいたのに家出して、妓生(キセン)になった。妓生といえば、宴席で歌と踊りを披露する女性だ。張緑水には、くちびるを動かさなくても美しい声を響かせるという特技があった。これが客に大いに受けた。

張緑水はすでに30歳を過ぎていたが、10代に間違えられこともあった。噂を聞いた10代王・燕山君(ヨンサングン)が彼女を呼びつけた。よほど気に入ったのか、すぐに側室にした。

それ以後、張緑水は宮中でやりたい放題で、国家の富を私物化した。浪費の度が過ぎて、王朝の金庫が空になるほどだった。最後に斬首となったのも自業自得といえる。

ドラマ『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』に登場する張緑水(女優イ・ハニ)

続いて、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)。彼女の母は奴婢だった。

朝鮮王朝では、生まれながらにして身分が決まる。奴婢の子は奴婢になるしかない。しかし、成人した鄭蘭貞は家を飛び出して、妓生になった。その過程は張緑水と共通する部分がある。

妓生となった鄭蘭貞は、宴席で人間をよく観察した。それは、出世の見込みがある人物を見極めるためだった。

その末に目をつけたのが尹元衡(ユン・ウォニョン)だった。

彼は、文定(ムンジョン)王后の実弟である。文定王后といえば、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だ。そんな文定王后に引き立てられて、尹元衡も高級官僚になっていた。

鄭蘭貞は尹元衡の妾となり、その紹介で文定王后と会い、気に入られて手先となった。その後は、どれほどの悪行に手を染めたことか。

さらに、尹元衡と共謀して彼の妻を毒殺し、その後釜にすわった。念願だった尹元衡の正妻となった鄭蘭貞は、従一品の品階を授与された。奴婢出身の女性がこれほどの肩書を持つのは奇跡としか言いようがない。

しかし、最期は悲惨だった。後ろ楯だった文定王后が1565年に絶命すると、復讐されるのを恐れて逃亡し、ついには自害に追い込まれてしまった。

最後は張禧嬪(チャン・ヒビン)。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事