韓国ドラマ『二十五、二十一』が自己最高視聴率を更新…ハマるしかない3つの“やみつきポイント”

2022年03月02日 話題 #韓国ドラマ #Netflix
このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixで配信中の韓国ドラマ『二十五、二十一』が再び自己最高視聴率を更新した。

【写真】キム・テリ、「無邪気な女子高生」役とのギャップSHOT

『二十五、二十一』は、3週連続で同時間帯の視聴率1位をキープしており、2月27日に放送された第6話が最高視聴率9.8%(ニールセンコリア調べ)で自己最高を更新した。

『二十五、二十一』は、1998年に夢を奪われた若者たちの彷徨と成長を描いた作品だ。何よりも、笑いと涙、共感と感動をすべて抱かせる“最高の青春もの”という評価を得ており、男女問わず世代を超えた「共感ドラマ」として支持されている。

今回は、一度視聴したら抜け出せなくなる『二十五、二十一』の“病みつきポイント”を見ていこう。

作家×監督×俳優のシナジーが大爆発!

『二十五、二十一』は、時代の苦難と挫折を味わい、そして克服し、夢のために突き進む不完全な青春の旅路を表現している。完璧な「作家・監督・俳優のシナジー」がストーリーに、大きなエネルギーを与えている。

さまよいながらも成長する2人の青春に寄り添った演技で共感を呼んでいるキム・テリとナム・ジュヒョク、そしてキム・ジヨン(宇宙少女ボナ)、チェ・ヒョンウク、イ・ジュミョン、キム・ヘウン、ソ・ジェヒなど、個性豊かなキャラクターをリアルに描いた俳優たちの熱演がぴったり調和した。

さらに、青春の喜怒哀楽を迫力あふれるストーリー展開と卓越したキャラクターたちの心理描写を表現しているクォン・ドウン作家の筆力、熱い青春を鮮やかな色感と躍動的で多様な映像で作り出したチョン・ジヒョン監督の感覚的な演出力が最上のハーモニーを成して作品にのめり込ませてしまう。

(画像提供=tvN)『二十五、二十一』

「思い出」と「新鮮」を抱かせる時代背景

『二十五、二十一』の時代背景は1998年。その時代を生きた世代には懐かしさと思い出を呼び起こし、初めて見る世代には新鮮なときめきと新しい魅力を伝え、世代を問わず興味を惹く。

IMFが原因で統合された銀行など当時の社会を見せる事件や当時の建物の外観、登場人物の衣装やスタイル、小物に至るまでのディテールな部分が多彩な見どころだ。

特に、パソコンの青い画面越しでチャットをする場面、ポケベルに届いた音声メッセージを聞こうと公衆電話で小銭を次々と投入する姿、携帯電話基地局が不安定で記者たちが固定電話を確保しようと走るシーン、飛行機でタバコに火をつけようとしたときに「航空法が改正され機内は禁煙です」と止められる場面などは、“1998年”そのものだった。

当時をそのまま生かしたすべての要素が、“共感ポイント”として役割を果たしている。

記憶に残るセリフ、“青春メッセージ”

『二十五、二十一』は、クリーンで純粋な「やさしいドラマ」の魅力を活かしたセリフで、若者ならではのメッセージを伝えている。

持ち前のポジティブさで無敵の18歳ナ・ヒド(演者キム・テリ)と、つらい現実に耐えながらも黙々と立ち上がるペク・イジン(演者ナム・ジュヒョク)が互いに応援し、慰めあうセリフに目が離せなくなる。

「一緒に立派になろう」「2人の時は、みんなには内緒で少しだけ幸せになろう」「とても欲が出る。うまくやり遂げたい欲」「つらいときはおもいきり落ち込んで、一緒に立ち上がろう」といった、勇気と希望を与えるナ・ヒドとペク・イジンの応援は励ましとなり、感動を与え、視聴者を虜にしてしまう。

制作会社Hwa&Dam Picturesは「『二十五、二十一』で笑って、泣いて、慰められながら、疲れて大変な時期も耐えぬくという声が制作陣にも大きな力となっている。夢に向かって疾走し、転んでもまた起きあがるという“青春ストーリー”が、今後も皆さんにポジティブパワーを送る予定なので多くの応援をお願いしたい」と伝えた。

ドラマ『二十五、二十一』は、Netflixで視聴可能だ。

【写真】キム・テリ&ナム・ジュヒョクの“世紀末ファッション”

『二十五、二十一』のセリフに共感の嵐!

『二十五、二十一』でいつも怒っているアノ子の“ハッピースマイル”!

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集