2022年の第35回東京国際映画祭(TIFF)日程が決定、“TOKYO”をより一層の映画色に染める

2021年12月01日 映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナ禍にもかかわらず、感染者をスタッフ・ゲストから誰1人出すことなく無事閉幕した第34回東京国際映画祭。

『パラサイト』のポン・ジュノの言葉に細田守「お~~!」【TIFF】

そして本年度の興奮がまだ冷めやらぬ中、来年度の開催日程が決まった。第35回東京国際映画祭(TIFF)は2022年10月24日(月)~11月2日(水)の10日間、併設マーケットのTIFFCOM2022 -the Marketplace for film and TV in Asia-は2022年10月24日(月)~26日(水)の3日間での開催となった。

12月1日が「映画の日」ということで、来年度の本映画祭の開催が映画業界の更なる発展への一助となればとの思いから、本日の発表に至ったという。

来年も映画祭とマーケットの同時期開催で、オリンピック以降で世界から更なる注目を集めている“TOKYO”の秋をより一層の映画色に染め、今後もまだまだTIFFは進化発展していく見通しだ。

第35回東京国際映画祭/TIFFCOM2022 開催概要

第35回東京国際映画祭:開催期間: 2022年10月24日(月)~11月2日(水)【10日間】

TIFFCOM2022:開催期間: 2022年10月24日(月)~26日(水)【3日間】

仮面ライダーWが歩んだ12年、塚田Pが語った『AtoZ』の制作秘話とは【TIFF】

『空白』は吉田恵輔監督のピーク?“折り合いをつけられない男”を描いた真意とは【TIFF】

日本のマンガ原作作品に最新作も!スリル満点の潜水艦映画特集

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集