女優キム・ゴウン、韓ドラ『トッケビ』出演後のスランプを告白。「自分を追い込むタイプで…」

2021年09月16日 話題 #韓流ドラマ #女優
このエントリーをはてなブックマークに追加

9月15日に放送されたバラエティ番組『You Quiz on the Block』(tvN)第123回に女優キム・ゴウンがゲスト出演し、さまざまなトークを展開した。

【関連】キム・ゴウン主演の新作『ユミの細胞たち』、究極の胸キュンに“期待大”

まず、日本でも人気のドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』に出演以来、スランプに陥ったと打ち明けたキム・ゴウンは、「私は自分を追い込むタイプだった。『なに贅沢なこと言ってるの』と、自分にムチを打った。それが圧し掛かって、スランプに陥ったようだ」と語った。

デビュー作だった映画『ウンギョ 青い蜜』では破格の演技を披露したキム・ゴウン。当時を振り返りながら「出演するまですごく悩んだし、『最悪の状況を考えて始めよう』という気持ちで臨んだ。だから注目を浴びたとき、浮かれたりしなかった」と述べる。

現在、シャネル(CHANEL)のアンバサダーとして活動中のキム・ゴウン。ブランドからの特典があるかと聞かれると、「割引はできない。ギャランティから一定部分を商品券のように交換してくれる。あと誕生日プレゼントを送ってくれる。最近は指輪をいただいた」と説明した。

(画像=tvN)

これまで女優ユン・ヨジョン、キム・ヘス、チョン・ドヨンのような“大女優”との共演が多かったキム・ゴウン。「欲を出すよりは、学びたいという気持ちが大きかった。人より早く演技の幅を広げなきゃと感じた。一応先輩たちの話をたくさん聞くタイプで、自分のことは聞かれるまで黙っている」と、先輩女優との付き合い方を明かした。

役者という職業に対する愛情も示した。

「映画の制作会社の名前が出て、イントロに入ると快感を覚える。私ってこんな仕事をしてるの?と、すごく幸せな気持ちになる。本当にありがたい職業だ。キャリアが積まれる分、自分の役割をしっかり果たさなければならないプレッシャーもある」

キム・ゴウンは「どんな役者になりたいか」という質問に対し、「自分を疑い続ける役者。ずっと進んでいく役者になりたい。疑うことを止める瞬間、そこで立ち止まってしまうような気がする」と語った。

(記事提供=OSEN)

(画像=tvN)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集