キム・ゴウン主演の新ドラマ『ユミの細胞たち』が描く、究極の胸キュンに“期待大”

2021年08月25日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

tvN新ドラマ『ユミの細胞たち』の新しいティーザー映像が公開された。

【写真】再現度MAXで話題『ユミの細胞たち』アン・ボヒョンの姿

同作は、30代の平凡な社会人・ユミ(演者キム・ゴウン)の恋愛と日常を、脳内の細胞たちの視点で描く“細胞刺激”ロマンスドラマ。

ドラマ『知ってるワイフ』『ショッピング王ルイ』などのイ・サンヨプ監督がメガホンを取り、『アルハンブラ宮殿の思い出』などを手掛けた脚本家ソン・ジェジョンと、『その男の記憶法』の脚本家キム・ユンジュらが執筆を担当し、キム・ゴウン、アン・ボヒョン、イ・ユビらが出演する。

新しく公開されたティーザー映像は軽快なカチンコの音で始まる。

幕が上がると、少しぎこちない様子のユミとグウン(演者アン・ボヒョン)の姿が。「もうこんな時間なの?遅くなったじゃん」と“細胞たち”がわちゃわちゃする矢先に、時計を確認したグウンが「まだ宵の口だし、コーヒーでも飲んでいく?」とユミを引き止める。

夜の11時を過ぎたにもかかわらず、まだ帰りたくないのはユミも同じ。照れくさそうに「まだ宵の口だね。そうしようか?」と言ったユミの反応に、細胞たちも「11時なんてまだ宵の口だよ!」と力を添える。

ユミとのデートを何とか長引かせようとするグウンの努力は続く。

大きさの違うマグカップを持って思考を巡らせるグウン。彼が大きいほうのマグカップを選ぶと、ユミの細胞たちは「帰るなという意味じゃない?」とざわめき、やがてグウンの指先がユミの指に触れると、細胞たちは大いに盛り上がる。

しかし、決定的な名シーンが始まろうとした瞬間、ポップコーンを持って駆けつけていた“先走り細胞”のドジっぷりで劇場は真っ黒に。数年ぶりに訪れたユミの恋はどうなるか。彼女のデートのために奮闘する細胞たちのかわいい活躍にも期待が集まる。

(画像=tvN)

キム・ゴウンが演じるユミは、30代の平凡な会社員。毎日同じように過ぎていく日々を誠実に生きているが、どこか2%不足している感じを消すことができない。そんなユミに訪れた小さなときめきは、彼女の細胞を反応させる。

アン・ボヒョンが演じるグウンは「Yes or No」の思考回路で動くゲーム開発者。骨の髄まで理系のため感受性はゼロだが、単純かつ淡泊さが魅力だ。

尋常ではない初対面を果たすユミとグウン。2人が紡ぐ“胸キュン”ロマンスはもちろん、彼らの気持ちを代弁する細胞たちのエピソードも気になるところだ。

『ユミの細胞たち』は、韓国ドラマ史上初の実写とアニメーションを混在させた形式で制作される。来る9月17日22時50分にtvNとTVINGで同時公開。

(記事提供=OSEN)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集