『不滅の恋人』出演俳優チュ・サンウク、KBS大河ドラマ『太宗イ・バンウォン』主人公役に決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優チュ・サンウクが、KBS2大河ドラマ『太宗イ・バンウォン』(原題)の主人公役に決定した。

【関連】KBSの正統派大河ドラマが復活。朝鮮王朝の太宗時代が舞台

KBSは8月12日、7年ぶりに復活する自社の大河ドラマ『太宗イ・バンウォン』のイ・バンウォン役に俳優チュ・サンウクが起用されたと報じた。イ・バンウォンの父親である太祖イ・ソンゲ役は俳優キム・ヨンチョルが務めるという。

チュ・サンウクは、NHK総合で放送された韓国時代劇『不滅の恋人』で国王イ・ガンを熱演。他にも『運命と憤怒』(SBS)、『TOUCH』(チャンネルA)などに出演した。

チュ・サンウクが主演する『太宗イ・バンウォン』は、韓国KBS2にて年内放送。全36話予定。

チュ・サンウク

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集