新時代劇『服の袖、赤い袖口』に2PMジュノ&イ・セヨン出演決定!“切ない宮廷ロマンス”に期待大

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国MBCの新ドラマ『服の袖、赤い袖口』(原題)にイ・ジュノ(2PM)、イ・セヨンの出演が決定した。

【関連】注目度上昇中の韓国時代劇を通じて新たなスター誕生の予感

2021年下半期に放送予定の『服の袖、赤い袖口』は、自分が選んだ人生を守ろうとした女官と、愛よりも国が優先だった王の切ない宮廷ロマンス。

大人気を博した同名の小説を原作とし、ドラマ『自己発光オフィス』を演出したチョン・ジイン監督と『仮面の王 イ・ソン』を共同執筆した脚本家チョン・ヘリが意気投合した作品だ。

イ・ジュノは劇中、頑固で傲慢な完璧主義の王世孫イ・サン役を演じる。イ・サンは聖君になろうと絶えず努力するも、父親の死がトラウマになっている人物。しかし、女官のソン・ドクイムに出会い、自分でも気づかなかったロマンチストな姿を出し始める。のちに朝鮮の第22代国王・正祖(チョンジョ)になる彼は、君主の冷たい理性と男の熱い愛の間で葛藤することになる。

イ・ジュノはドラマ『ただ愛する仲』『油っこいロマンス』『自白』『キム課長とソ理事 ~Bravo! Your Life~』などに出演し、安定の演技力をもとにラブコメからコミカル、シリアスな作品まで幅広くこなせる俳優として地位を固めた。そんな彼にとって除隊後の復帰作となる『服の袖、赤い袖口』では、カリスマ溢れる冷徹な君主と、深い瞳の中に愛を込めた1人の男の姿を行き来しながら、魅力あふれる新しい正祖の誕生を予告している。

(写真=JYPエンターテインメント、PrainTPC)イ・ジュノ(左)、イ・セヨン

一方、イ・セヨンは自分の人生を積極的に選ぼうとする女官ソン・ドクイム役を務める。のちに正祖の後宮・宜嬪(ウィビン)成(ソン)氏になるドクイムは、熾烈で緊迫した宮廷の中で、自分だけの“ささやかな幸せ”を求める女性。しかし、平和な日常を送っていた彼女の前にイ・サンが現れることで人生が激変する。

イ・セヨンはドラマ『王になった男』『医師ヨハン』『メモリスト』『カイロス』(原題)など、数多くの作品で優れた演技力と魅力を発揮してきた女優歴25年のベテランだ。前作『カイロス』でデビュー以来初のショートカット姿と共に繊細な演技を披露し、強烈な印象を残しながら一段と信頼される女優になっている。『服の袖、赤い袖口』では国王まで惚れさせる女官に扮し、新しい魅力を発揮する見込みだ。

『服の袖、赤い袖口』の制作陣は「優れた演技力とユニークな魅力を兼ね備えたイ・ジュノとイ・セヨンという最高の俳優たちとご一緒できて嬉しい。2021年の下半期に視聴者のハートを撃ち抜く正統派時代劇をお届けする予定だ。ぜひご期待願いたい」と伝えた。

『服の袖、赤い袖口』は、韓国MBCにて年内に放送開始予定。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集