『椿の花咲く頃』俳優カン・ハヌルが2年ぶりにドラマ主演か、新ドラマキャスティング報道

2021年02月10日 テレビ #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

『椿の花咲く頃』で演技力とスター性が認められた俳優カン・ハヌルが、韓国JTBCのドラマで主演として帰ってくると報じられた。

【写真】カン・ハヌルとは?ヒョンビンに次ぐ次世代スター3人

2月10日、『スポーツ朝鮮』は芸能関係者の言葉として「カン・ハヌルがJTBCの新ドラマ『インサイダー』(原題)の主人公としてドラマ復帰する」と伝えた。

新ドラマ『インサイダー』は、ある男性の復讐や成長を描いた作品。脚本は『プリースト~君のために~』のムン・マンセ、演出は『ミッシング:彼らがいた』(原題)のミン・ヨンホンが務める。

カン・ハヌルは劇中、司法修習生のキム・ヨハン役を演じるという。『椿の花咲く頃』を通じて高い演技力を認められた彼が、さらに新しい姿を見せるかに注目が集まる。

カン・ハヌルは、2月15日からKBS2で放送されるドラマ『月が浮かぶ川』に特別出演するが、今回報じられた『インサイダー』への出演が事実であれば、約2年ぶりのドラマ主演ということになる。

カン・ハヌル

『インサイダー』はまだ放送時期が決まっておらず、放送は来年になる予定。今後の続報を楽しみに待ちたい。

◇カン・ハヌル プロフィール

1989年2月21日、釜山(プサン)生まれ。2007年、ドラマ『最強!うちのママ』でデビュー。もともとミュージカル界で知名度が高く、舞台公演に対する思いが強い。映画『ミッドナイト・ランナー』でパク・ソジュンとW主演して話題となり、ドラマ『椿の花咲く頃』で明るい警察官を好演。注目の俳優となった。本名は“キム・ハヌル”だが、先輩女優のキム・ハヌルと同名になることを避けるため、芸名をカン・ハヌルにしたとか。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集