少女時代まで関係?元BIGBANGのV.Iには追加容疑…終わりが見えないバーニングサン事件

2021年01月14日 話題 #少女時代 #V.I
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国を震撼させた“バーニングサン事件”が発生して2年が経とうとしているが、未だに終わりは見えない。V.Iの容疑が新たに追加され、少女時代ヒョヨンも関係しているとの暴露が出た。

【注目】「全部見たはずだ」バーニングサン被害者が少女時代ヒョヨンにメッセージ

クラブ「バーニングサン」と関連した容疑で裁判を受けているBIGBANG出身のV.I(本名イ・スンヒョン)が性売買斡旋などの容疑を否認しているなかで、特殊暴行教唆の容疑まで追加で起訴された。

1月14日、京畿・龍仁(ヨンイン)市の地上作戦司令部は、通常軍事裁判所でV.Iの性売買斡旋、横領などの容疑と関連した7次公判を開いた。この日は性売買斡旋容疑の証人尋問が行われた。

注目を集めたのは、V.Iの追加容疑だった。裁判所によると、V.Iは2015年12月、ソウル江南(カンナム)のあるバーでぶつかった一行を暴行するよう教唆した疑いを受けている。

V.I

検察は公訴事実について、「V.Iが知人と酒飲んでいたとき、被害者が内部を覗く過程でいざこざとなり、それに怒ったV.Iがチャットルームにその事実を知らせ、ユ・インソクなどの知人に急いで来てもらう連絡をした。その過程でV.Iは、ユ・インソクに喧嘩を売ってきた人物を伝え、暴力団体に働きかけることを教唆した」と述べた。

それに対してV.I側は、「公訴事実を否認する。詳細については意見書を提出する」と答えた。

少女時代ヒョヨンも関係ある?

V.Iは、2019年2月に浮上した江南のクラブ「バーニングサン」で起きたさまざまな事件や疑惑の中心人物とされ、2020年に在宅起訴された。

V.Iは性売買斡旋、性売買、性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反、常習賭博、外国為替取引法違反、食品衛生法違反、業務上横領、特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反横領などの容疑を受けており、さらに特殊暴行教唆まで含まれて計9つの容疑となった。

2020年3月に兵役で入隊したため、軍事裁判所で裁判を受けているV.Iは、外国為替取引法違反の容疑だけを認めた状態。その他の容疑については一貫して否認している。

そんななか“バーニングサン事件”の出発点となった暴行事件の被害者で、情報提供者でもあるキム・サンギョが追加の暴露性の文章を投稿し、さらに波紋が広がっている。

キム・サンギョは1月13日、インスタグラムにK-POPガールズグループ少女時代のメンバー、ヒョヨンを名指しし、「お聞きしましょう。あの日、麻薬に酔ってよだれを垂らしていた女優は一体何者で、警察2人がクラブ内に入ることもできなかったのか。あの日のVVIPだったあなたは全部見たはずだろ、ヒョヨン」などと書き込んだ。

そして「バーニングサンに関わる芸能人が数十人に及ぶことはいつか明らかになるのか。それとも、まともに白状するか、君たちの選択肢だ」と証言を求めた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集