54歳の『太陽を抱く月』出演女優、孫2人を持つ“おばあちゃん”とは思えない童顔で話題に

2020年12月23日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

『太陽を抱く月』などに出演した女優キム・イェリョンが、年齢を疑ってしまう美貌だけでなく、2人の孫を持つ“おばあちゃん”であるが公開され、話題となっている。

【写真】韓国の「童顔女優」15人は劣化ゼロ!

12月22日に韓国で放送されたTV朝鮮のバラエティ番組『世界のどこにもない、妻の味』(原題)では、キム・イェリョンの家族が紹介された。

デビュー29年目の女優キム・イェリョンは、54歳の年齢ながら30代といっても過言ではないスタイルと美貌を誇った。スタジオの女性出演者たちは、口をそろえて感心した。チャン・ヨンランは「今までの出演者のなかで最も童顔だ」と親指を立てた。

(画像=TV朝鮮)『世界のどこにもない、妻の味』

注目を集めたのは、キム・イェリョンの娘の夫だ。米メジャーリーグにも進出した経験のあるプロ野球選手ユン・ソンミンだった。またキム・イェリョンは「50歳でおばあちゃんになった」と、2人の孫がいることを説明。番組出演者たちを騒然とさせた。

キム・イェリョンは、娘とユン・ソンミンの結婚ストーリーも公開。彼女は「ユン・ソンミンがアメリカに来たときに合コンをしたのだが、斡旋した娘に惚れた」と説明した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集