パク・ボゴムの切ない涙にお茶の間震撼。ドラマ『ボーイフレンド』が怒涛のクライマックスへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優パク・ボゴムが、痛切な感情に満ちた演技で視聴者の涙を誘った。

パク・ボゴムは現在放送中のドラマ『ボーイフレンド』(tvN)で、愛する人との別れを目前にした青年の感情を見事に表現した。

1月23日に放送された第15話は、キム・ジニョク(パク・ボゴム)とチャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)の別れのシーンが大きな話題を呼んだ。

突然別れを切り出されたキム・ジニョクは困惑した表情もつかの間、信じがたい様子で精いっぱいの作り笑顔を見せる。

そして、先に立ち去ろうとするチャ・スヒョンを引き留める彼の表情はまるで「現実を受け入れられない」とでも言うように、次第に冷たく固まってゆく。混乱を隠せないキム・ジニョクの心情が溢れた瞬間だ。

その後、キム・ジニョクは自身の母親がチャ・スヒョンに別れを懇願した事実を知り、再び彼女を説得する。しかしチャ・スヒョンは「自信がない」と答え、そのまま去ってしまった。

しばらく呆然とした表情で歩いていたキム・ジニョクは、その場でせきを切ったように涙を流す。一切のセリフなしに深い悲しみを表現した見事な演技は、多くの視聴者の涙を誘った。

ストーリーの後半で、キム・ジニョクはキューバに発つというチャ・スヒョンのために退社を決意する。淡々と辞表を書きながら涙を呑む姿もまた、見る者の切なさを倍増させている。

(写真=tvN番組画面)

突然訪れた別れから、愛する人のために旅立ちを決意する瞬間まで。パク・ボゴムは混乱と葛藤、決意といった感情の変化を完璧に演じて大きな反響を呼んだ。

怒涛のクライマックスで視聴者の心を揺さぶった『ボーイフレンド』は、次回いよいよ最終回を迎える。

(関連記事:パク・ボゴムがコカ・コーラの新キャンペーンモデルに。「希望に満ちた新年になりますように」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事