2018年最高の韓国ドラマは『リターン』に決定。次点は『ミスター・サンシャイン』

2018年12月23日 テレビ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年に韓国で放送されたミニシリーズ(韓国ドラマの一般的な放送形態のひとつ)を対象とした視聴率ランキングで、韓国ドラマ『リターン -真相-』(原題、SBS)の1位が確定した。

2018年1月1日~12月20日の期間、韓国ではSBS、KBS、MBCの地上波3局はもちろん、JTBC、MBN、朝鮮放送、チャンネルA、tvN、OCNといった総合編成チャンネルとケーブルチャンネルも合わせて、数多くのドラマが放送された。

ニールセンコリアが各ドラマの視聴率を調査した結果、『リターン -真相-』がすべてのチャンネルで放送されたドラマのなかから堂々の1位を獲得した。

1月17日~3月22日に放送された『リターン -真相-』(監督:チュ・ドンミン、脚本:チェ・ギョンミ)は、弁護士と刑事が罪を犯したエリート集団を圧迫し、ある事件の真相を突き止めるというストーリーが人気を博した。

初回放送は韓国首都圏の視聴率6.7%(ニールセンコリア調べ)からスタートしたが、やがて最高視聴率19.6%と平均視聴率14.96%を記録し、有終の美を飾っている。この記録が別のドラマで塗り替えられることはなかった。

『リターン -真相-』に続く2位は、7月7日~9月30日に放送された『ミスター・シャンシャイン』(tvN)だ。有料チャンネル登録世帯基準で、平均視聴率14%を記録した。

3位は『私たちが出会った奇跡』(KBS2)。続く4位に『ボーイフレンド』、5位に『賢い監房生活』と、ともにケーブルテレビtvNで現在放送中のドラマが選ばれた。

(関連記事:“年の差12歳”ソン・ヘギョ×パク・ボゴム主演ドラマ、世界100カ国で放映権獲得。日本は来年3月放送決定

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事