BIGBANGのT.O.Pと大麻を吸引した“お騒がせ女”、執行猶予中に麻薬陽性反応で摘発

2020年07月10日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

BIGBANGのT.O.Pと大麻を吸引した容疑で執行猶予となっていた“お騒がせインフルエンサー”のハン・ソヒが、向精神薬管理法違反で調査を受けたというニュースが伝えられた。

【写真】故ク・ハラの納骨堂参りしたハン・ソヒ「キムチチゲ召し上がれ」

7月10日、とある韓国メディアは「ハン・ソヒが最近、再び向精神薬管理法違反で司法当局の調査を受けたことが7月10日に確認された」と報じた。

韓国法務部傘下の保護観察所が7月8日にハン・ソヒを相手に尿検査を実施した結果、麻薬陽性反応が確認されたという。

ハン・ソヒは2017年9月、大麻を吸引した容疑で執行猶予4年を言い渡された。当時、彼女は2016年だけで4回にわたって大麻90gを購入、7回吸引した疑いをかけられた。懲役3年、執行猶予4年、保護観察120時間、追徴金87万ウォン(約8万7000円)を宣告されたており、保護観察所は毎月1回以上、麻薬成分の検査を行うことができる。

“お騒がせインフルエンサー”ハン・ソヒとは

もともとアイドルや歌手を目指す練習生だったハン・ソヒは、BIGBANGのT.O.Pと一緒に大麻を吸って執行猶予を宣告された後、インフルエンサーに生まれ変わった。

その後、T.O.PやYGエンターテインメント宛と思われる過激発言を投稿したり、俳優ユ・アイン、歌手ハ・リスなどとSNS上で“舌戦”を繰り広げたりもした。またフェミニズム関連のショッピングモールを準備して後援金口座を開いたが、論議に包まれてサイトを閉鎖し、後援金を返金するなどの騒動もあった。

他にも同性と交際を認めるなど、SNSを通じて意味深な投稿を繰り返して世間を騒がせた。

いずれにしても執行猶予期間に麻薬の陽性反応が出ただけに、ハン・ソヒに対する警察の捜査は避けられそうにない。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集