俳優チャン・グンソク、除隊後初のラジオ出演!ドラマ『夫婦の世界』の好きなセリフも披露

2020年06月04日 話題 #チャン・グンソク
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優チャン・グンソクが6月1日、SBSパワーFMのラジオ番組『キム・ヨンチョルのパワーFM』にゲスト出演した。

【注目】R-18ドラマ『夫婦の世界』最終回が28.4%…その意味は?

番組の冒頭でチャン・グンソクは「先週の金曜日に召集解除(除隊)になった、チャン・グンソクです」と陽気な調子で自己紹介。

除隊後、初めての公式スケジュールとしてこの番組を選んだと明かし、「毎朝、出勤しながら聞いていた番組に出演するなんて、不思議な気分です」と感想を述べた。

社会服務要員として兵役を務めた2年間については、こう語っている。

「毎日決まった時間に起きて、決まった時間に退勤し、決まった時間に寝る。こんな規則正しい生活は、学校を卒業以来初めてでした」

そして、「社会服務が始まってから体の緊張がほぐれ、事務所に座っている時間が長かったので、太りはじめました」と打ち明け、「そういう1年を過ごしてから、このままではいけないと思って毎日運動するようになりましたね」と話した。

リスナーから「悪いキャラクターも見てみたい」というコメントが寄せられると、個人的に気に入ったというドラマ『夫婦の世界』のイ・テオ(演者パク・へジュン)のセリフを披露。

「俺の問題は、同時に2人を愛してることなんだよ!」と真似したあと、「どうしてああいうセリフをリアルに言えるのかなと思ったんですよ」と語った。

(写真=『キム・ヨンチョルのパワーFM』YouTube公式チャンネル)

◇チャン・グンソク プロフィール

1987年8月4日生まれ。1993年、6歳の頃に子供服のカタログモデルとして芸能界入りした。2001年に歌手BoAと共演したテレビCMで話題になり、2006年に出演したテレビドラマ『ファン・ジニ』で知名度を確固たるものにした。同年に日本のホラー映画『着信アリ Final』に出演し、日本でも注目を集めるように。2009年に放送されたドラマ『美男ですね』は日韓で熱い旋風を巻き起こした。その他の主演作にドラマ『ファン・ジニ』『メリは外泊中』『ラブレイン』『テバク~運命の瞬間~』『スイッチ~君と世界を変える~』など。2018年7月16日に社会服務要員として兵役を開始し、2020年5月29日に召集解除(除隊)された。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集