今年の韓国映画観客数が“2億人越え”の見通し。データが導き出した「新たな鑑賞文化」とは

2018年12月06日 話題 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の映画観客数が今年も2億人を突破する見通しだ。

韓国の大手シネマコンプレックスCJ CGVは12月6日、ソウルの映画館CGV龍山(ヨンサン)アイパークモールで「2018下半期CGV映画産業メディアフォーラム」を開催し、2018年の韓国映画産業における決算を行った。

登壇したCGVのマーケティング担当イ・スンウォン氏は「今年も映画観客が2億人を突破する予定」としながらも「前年比は1%減」と、明らかにした。

CGVのリサーチセンターによると、11月末基準で累積1億9400万人、前年同期比99%水準となっている。

イ氏は「数年前から映画館の観客が減少しているという懸念があった。観客動員数が1000万を超える映画が登場して以降、数字だけを見ると2億人を維持しているが、実際には減少傾向にある」と分析した。

さらに「映画界にとっても大事な話になり得る」と前置きをしたうえで、「制作費が100億ウォン(約10億円)を超える映画が多数あったが、それらの公開時期が重なった。そのため秋夕(チュソク、韓国の旧盆連休のこと)前の1週間を基準にすると、前年比は76.2%まで落ちている」と明かした。

秋夕連休に観客数が減少した理由については「2017年と比較して確実に20~30代が離脱している」と話した。20~30代の年齢層に焦点を当てた場合の前年比は64%だという。

「秋夕連休市場では20~30代の影響が絶対的だ。彼らが選んだ映画を見に、家族総出で映画館を訪れる傾向があった。今年は海外旅行をはじめ、映画以外の選択肢が多かったように思う。そのため、複数の映画を鑑賞しながら連休を過ごしていた人も、今回は映画に対する優先順位が低かったようだ。まったく映画館に足を運ばなかったという人もいるだろう」

話題作が夏期、冬期シーズンに集中する現象についても残念な気持ちをあらわにした。

「純制作費100億ウォン以上の映画は制作サイドの期待も膨らみ、公開日を最も観客の多い時期に設定しようとする。そのため、特定の時期に大作が集中する。大規模な製作費の映画がより大きな市場でアピールしようとするこの現象は、来る12月にも起きるだろう。

公開日が8月だと、どんなに面白い作品でも観客動員数の最低と最高に大差はない。観客動員数1000万人を期待される映画がいくら登場したところで、オンシーズンの市場は大きくならなかった。

しかし、オフシーズンとなると話は別だ。今秋公開の『ボヘミアン・ラプソディ』『完璧な他人』などを見ても、市場はいくらでも大きくなれることが分かる」

イ氏は、それでも2018年はポジティブな要素が多かったという。20代観客層の消費形態を分析した結果、新しいトレンドを発見したからだ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


  • %E2%91%A1%E3%80%90%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB%E6%AD%8C%E8%AC%A1%E5%A4%A7%E8%B3%9E%E3%80%91%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B33.jpg
  • %E2%91%A2%E3%80%90%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%91%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%B33.jpg
  • %E2%91%A3%E3%80%90%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%80%91%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%B32-2.jpg

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


  • %E2%91%A1%E3%80%90%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB%E6%AD%8C%E8%AC%A1%E5%A4%A7%E8%B3%9E%E3%80%91%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B33.jpg
  • %E2%91%A2%E3%80%90%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%91%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%B33.jpg
  • %E2%91%A3%E3%80%90%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%80%91%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%B32-2.jpg

RECOMMENDおすすめ記事