秘蔵写真に韓国現地情報も。時代劇『オクニョ』主役の美人女優チン・セヨンとはどんな人物か

このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKの総合テレビで絶賛放映中の韓国時代劇ドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』。

その主人公オクニョを演じている女優チン・セヨンはどんな人物なのだろうか。

日本で公開されている情報ではなく、韓国現地情報をもとにたっぷりと紹介したい。

まずは基本といえるプロフィールから。

チン・セヨンは1994年2月15日生まれ。チン・セヨンという名は芸名で、本名はキム・ユンジョンという。

生まれ育ったのは、韓国の首都ソウル。父親はIT関連の事業を行っており、3歳年上の兄がいる。

(写真提供=MBC)オクニョを演じるチン・セヨン

(関連記事:『オクニョ』主演女優チン・セヨン、日本ファンミで人気の高さを証明

知られざる芸能界デビューのきっかけ

子供の頃の夢は、先生になること。ただ、中学3年生のときに彼女の人生を変える“転機”が訪れる。

中学3年の冬休み。学校の前でスカウトされ、韓国ヤクルトのヨーグルトのCMに出演することになったのだ。

これを機に芸能界と縁を持つようになり、複数の芸能プロダクションから声がかかった。その中にはK-POPガールズグループのJewelryや日本でも人気を博したボーイズグループZE:Aなどを輩出した芸能プロダクション・スター帝国もあった。

チン・セヨンはそのスター帝国で3カ月ほど練習生生活を送ったという。アイドルとしてデビューすることも考え、先輩Jewelryのバックダンサーとしてステージに立ったこともあるらしい。

ただ、結局はアイドルとしてデビューせず、高校1年のときに所属事務所も変えて、女優として活動を始めた。

初々しい秘蔵写真公開!!

そんな彼女の記念すべきスクリーン・デビュー作となったのが2011年に公開された映画『ホワイト』だ。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事