史実と同じように兄弟の謀反で始まったドラマ『100日の郎君様』

このエントリーをはてなブックマークに追加

『100日の郎君様』でド・ギョンスが演じているイ・ユルは、父が謀反で国王になったことで、自分も世子になる。ここから、物語が大きく展開していく。

ドラマの第1話で描かれたイ・ユルの父が、国王のイ・ホだ。彼は、高官のキム・チャオンにかつがれて謀反を起こして兄を殺害。自分が新しい王になった。

それだけ激しい権力闘争が起こったのだが、それは朝鮮王朝の史実でも多かった。まさに、権力闘争こそが朝鮮王朝では日常茶飯事だったのだ。

『100日の郎君様』では、実の兄を殺して弟が新たしい国王になるという展開だったが、歴史上でも似たような実例はあったのだろうか。

【関連】朝鮮王朝を震撼させた「米びつ餓死事件」が起きた瞬間とは?

(写真=tvN)『100日の郎君様』韓国ポスター

兄を殺して国王になったという例なら、15代王の光海君(クァンヘグン)が該当する。

彼は1608年に国王になったが、政権を激しく争った末の1609年に兄の臨海君(イメグン)を殺害している。光海君はさらに弟の永昌大君(ヨンチャンデグン)も殺している。

こうしたことで恨みを買い、光海君は1623年にクーデターで廃位となって王宮を追われた。

ほかに、兄弟同士の骨肉の争いを見ると、3代王の太宗(テジョン)も権力闘争の末に1398年に2人の異母弟を殺している。

そのうちの1人は世子であったので、謀反も甚だしかったが、結果がすべての世界であった。そんな太宗は強大な国王になって創設まもない朝鮮王朝を率いた。

朝鮮王朝が518年間も長く続いたのも、実力者の太宗が朝鮮王朝の基盤をしっかり作ったからであった。

さらに、7代王の世祖(セジョ)も先の国王であった端宗(タンジョン)から王位を強奪して殺している。本当に非情な出来事であった。

『100日の郎君様』でのイ・ユルの父も、朝鮮王朝の歴史と同じようなことをしている。歴史でもドラマでも、歴史は繰り返すということなのか。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事