女優イ・ボヨン、“大人のロマンス”で魅せる…新ドラマ『花様年華』出演の理由は

2020年03月30日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優イ・ボヨン(41)が、次回作にドラマ『花様年華』選んだ理由と、主人公ユン・ジスのキャラクターに惹かれた理由を明かした。

4月25日に初回放送を控えた韓国tvNドラマ『花様年華:人生が花になる瞬間』(以下、花様年華)は、大人になって再会したジェヒョン(演者ユ・ジテ)とジス(演者イ・ボヨン)が、最も輝いた時代の自分と向き合って繰り広げる“最後のラブストーリー”を描く。

【注目】“奇跡の52歳”女優キム・ヒエ、R-18指定の新ドラマで大胆な挑戦

イ・ボヨンは劇中、裕福な家で育つも、歳月とともに荒波を経験したユン・ジスに扮する。

芯の強い女性として一生懸命働きながら生きていたある日、初恋の相手ハン・ジェヒョン(演者ユ・ジテ)と再会し、感情の変化を経験していく。

変化した状況の中で、2人がどんなロマンスを描くか、注目が集まっている。

イ・ボヨンは「どんな厳しい状況も乗り越える、外見も内面も強くて固い人物だと思う。自分の気持ちに従って、純粋に突き進む素直さも気に入っている」と、ユン・ジスの魅力を語り、深い愛情を示した。

また、「『花様年華』のノスタルジックな雰囲気が良く、作品のキャラクターも元気で愛らしく感じられた。魅力的なキャラクターもそうだが、セリフも本当にきれいでぜひ演じたいと思った」と、出演の理由を語った。

「もっと表現しようと努力しなくても、自然と涙が出る。セリフを言うほどキャラクターに夢中になる」

“ロマンスの女王”イ・ボヨンが演じるユン・ジスは、一体どんなキャラクターになるのか期待が高まっている。

『花様年華:人生が花になる瞬間』は、韓国tvNにて4月25日より放送開始。

(写真=tvN)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事