“奇跡の52歳”女優キム・ヒエ、R-18指定の新ドラマで大胆な挑戦「大変だけど楽しい」

2020年03月26日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優キム・ヒエ(52)が、韓国JTBCの新ドラマ『夫婦の世界』で復帰する。

本作は、イギリスBBCのテレビドラマ『女医フォスター』(Doctor Foster)の韓国リメイク版で、愛していた夫婦が愛憎の関係に変わっていく過程を繊細に描く。

【注目】韓国でリメイクされた日本のドラマを一挙紹介。えっ、あのドラマまで!?

第6話まで「19禁」(日本のR-18にあたる)指定を受けたことで、放送前から話題を集めている。

主演を務めるキム・ヒエは、3月26日に行われた制作発表会で「どうしようもなかった。最初から最後まで、息ができないほど渦巻く。やるしかない台本だった」と、出演を決めた理由を語った。

キム・ヒエは2014年のドラマ『密会』で、俳優ユ・アイン扮する20代のピアニストと“禁断の恋”に落ちる女性を演じている。

今回の『夫婦の世界』も痴情のもつれを描くが、「『密会』のオ・へウォン役とは完全に違う」と強調したキム・ヒエは、「大変だが、挑戦するのが楽しい」と話した。

(写真提供=JTBC)左からキム・ヒエ、パク・へジュン

韓国ドラマ史上、6話以上も19禁指定を受けたのは、『夫婦の世界』が初めてだ。夫婦の内密な事情がどれほどリアルに描かれるかが、ドラマの見どころのひとつである。

モ・ワンイル監督は、「俳優たちの演技が、演技とは思えないほどリアル過ぎたので、より刺激的で緊張感をもたらす。スタッフで相談した結果、(刺激的なシーンを)カットせずに正面突破の方向で結論が出たので、19禁を受け入れた」とコメントした。

『夫婦の世界』は、韓国JTBCにて3月27日よる10時50分から放送開始。

(写真=JTBC)ドラマ『夫婦の世界』キービジュアル

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事