チュ・ジフン主演『キングダム』海外から反響続々「観るべき理由がありあまる」

2020年03月27日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

3月13日に全世界で同時配信されたNetflixオリジナルドラマ『キングダム』シーズン2が、国内外で話題を集めている。

海外メディアと視聴者たちは、『ゲーム・オブ・スローンズ』『ウォーキング・デッド』など、全世界を虜にさせたレジェンドドラマシリーズと『キングダム』シーズン2を比べながら、集中的にスポットを当てている。

【関連】『椿の花咲く頃』の天才子役も。『キングダム』シーズン2の新キャストが凄い

『キングダム』は、ゾンビたちが生き返って生き地獄と化した朝鮮半島を舞台に、王位を欲するチョ一家の貪欲さと、世子(王位継承者)イ・チャンの死闘を描くミステリースリラーだ。

アメリカの経済誌『フォーブス』(Forbes)は「今までの“ゾンビもの”の中で最高傑作と言える。『キングダム』シーズン2のゾンビたちは、『ウォーキング・デッド』のようにゆっくりとした動きではなく、ずっと早い。『ウォーキング・デッド』を超える面白さ」と絶賛している。

他にも、「『ゲーム・オブ・スローンズ』が恋しい人は必見のシリーズ。不思議な被り物、火のついた矢、物凄いCG、ドラマ『センス8』の女優ペ・ドゥナまで、見るべき理由がありあまる」(『Thrillist』)、「『ゲーム・オブ・スローンズ』の政治的陰謀、映画『パラサイト』の階級闘争にゾンビの脅威を加えている」(『Observer』)、「ゾンビより恐ろしいのは最高の敵、王妃」(『Cosmopolitan』)、「エンディングがわくわくするだろうと予想はしたが、これほど強烈だとは思わなかった」(『Decider』)などと、『キングダム』シーズン2に好評が寄せられている。

また、アメリカの映画評論サイト『ロッテン・トマト』(Rotten Tomatoes)では、「新鮮度指数」100%を記録(3月26日時点)するほど、反響を呼んだ。

『キングダム』シーズン2は、Netflixにて配信中。

(写真提供=Netflix)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事