【あの人は今】日本でファンミも開催した韓国の『カンナさん』キム・アジュンは今

2020年02月29日 話題 #あの人はいま
このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年代の開始とともに、日本に沸き起こった韓流ブームを通じて、多くのスターが誕生した。

女優キム・アジュンもその1人だろう。

彼女の名を一躍有名にしたのは、2006年に公開された映画『美女はつらいよ』。

実は同作は日本の人気漫画『カンナさん大成功です!』を原作とする韓国映画で、日本でも2009年に山田優と南海キャンディーズの山崎静代のダブル主演で映画化されている。

【写真】美人女優キム・アジュン、最新作で“脂の乗った”魅力を大発散!!

キム・アジュンが演じたのは全身整形したカンナさん。劇中ではその美貌だけではなく、のびやかな歌唱力も話題となり、映画は韓国で600万人を集客する大ヒット。

キム・アジュンは“韓国のアカデミー賞”と呼ばれる大鐘賞(テジョンサン)で主演女優賞を獲得し、スターダムに上り詰めた。

2010年には主演した『アクシデント・カップル』がフジテレビ系列で放送。その後も何度か再放送されたので、日本でもファンが急増。2012年と2013年には日本でファンミーティングも開催しているほどだ。

その後もドラマ『サイン』(2011年)、映画『マイPSパートナー』(2012年)などに主演し、順調にキャリアを積み重ねていったキム・アジュン。

2012年には英語の勉強のためにニューヨークに短期留学し、2013年にはアメリカと中国の合作映画『Amazing』に出演するなど、海外進出にも積極的な姿勢を見せてきた。

2014年にはドラマ『パンチ』、2016年にはドラマ『ウォンテッド~彼らの願い~』に主演し、2017年には映画『ザ・キング』とドラマ『医心伝心~脈あり!恋あり?~』に主演するなど、映画とドラマの両方で活躍している。

キム・アジュン

2019年には、韓国の映画専門チャンネルOCNの人気ドラマだった『バッドガイズ~悪い奴ら~ : REIGN OF CHAOS』の劇場版映画で、彼女らしい魅力を十二分に発揮した。2019年はJTBCのバラエティー番組『秘密企画団』で初のMC役も務めている。

1982年生まれで今年10月には38歳になるキム・アジュン。今後の活躍がますます期待されている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集