ACLで16年ぶり訪韓のイニエスタ「再び韓国で試合ができて幸せ」【インタビュー】

2020年02月20日 サッカー #ACL
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ(35)は、16年前の“ビッグバード訪問”を記憶していた。

【写真】韓国サッカーが生んだ「美しすぎる応援女神たち」

イニエスタは2月19日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)グループG第2節の水原三星ブルーウィングス対ヴィッセル神戸戦にフル出場し、チームの1-0の勝利に貢献した。

水原三星戦に出場したアンドレス・イニエスタ

ゴールやアシストこそ記録できなかったものの、古橋亨梧の決勝ゴールの起点となるなど、別格の存在感を見せつけた。

神戸としても簡単な勝利ではなかっただろう。水原は守備時に5バックを敷いて神戸の攻撃を防ぎ、イニエスタにも強烈なプレッシャーを与えた。起点となるイニエスタが封じられたことで、神戸は攻撃に活路を見出せずにいた。

決勝ゴールの古橋亨梧と肩を組むイニエスタ

試合後、イニエスタは「本当に難しく厳しい試合だったが、最後まで努力し続けた。その結果、勝ち点3を得られたことは我々にとってとても重要なことだ」とアウェーでの勝利に満足感を示した。

イニエスタの“ビッグバード”(水原ワールドカップ競技場の愛称)訪問は、今回が2度目となる。

試合後、水原三星ヨム・ギフン(26・写真左)と握手するイニエスタ

2004年7月29日、当時20歳のイニエスタはバルセロナと水原三星との親善試合に出場し、ビッグバードのピッチを駆け回った。試合は1-0で水原三星が勝利している。

約16年前のことではあるが、イニエスタは当時をまだ記憶していた。「とても昔のことだが記憶している。再び(韓国に)来られて良かったし、試合ができて幸せだ」と笑みを浮かべた。

チームとしても個人としての初めてのACLで輝きを放ったイニエスタ。今後も彼の活躍に注目だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集