三浦カズに続くか…現役最年長イ・ドングッとKリーグ最年長出場記録の世界とは?

2020年01月07日 サッカー #Kリーグ #ACL
このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢は数字に過ぎないとよく言う。

しかし、この言葉とは違って実際に現役でプレーできる年齢層はある程度決まっている。体力の消耗が大きいサッカーの場合は、40歳まで現役として活動することが容易ではない。

【写真】キング・カズが人知れず韓国を訪問していた理由

30代前半まで全盛期でも徐々に技量が落ちるのが一般的だ。30代半ばに入れば、瞬発力や持久力が以前のようではなく、最も重要な回復能力も落ちるため、引退を悩むことになる。

しかし、Kリーグのフィールドプレーヤーの中で唯一、40代になっても現役生活を続けている全北現代のイ・ドングッだけは違う。

40代前半になるとコーチや監督として第二のサッカー人生を始めるものだが、イ・ドングッは衰えることないゴール感覚をもとに、依然としてKリーグ最高のストライカーとして活躍を続けている。 

2018年まで14年間、全北を率いたチェ・ガンヒ監督は、イ・ドングッの回復能力が格別であるという点を何度も強調してきた。

チェ監督は「夜間試合を終えた翌朝、食事の席に行くと若い選手たちも顔に疲れがある。しかし、イ・ドングッだけは元気だった。何かいいものを食べているのか気になる」と何度も話していた。

イ・ドングッ

Kリーグで40代になっても現役生活をした選手はイ・ドングッを含めてわずか4人だけだ。それもイ・ドングッを除く残りの3人は、体力の消耗が大きくないGK出身だ。

Kリーグ最高齢出場1位は、2015年を最後に引退したキム・ビョンジ(45歳5カ月15日)だ。シン・ウィソン(44歳7カ月9日)、チェ・ウンソン(43歳3カ月15日)が後に続く。

イ・ドングッはKリーグ歴代最高齢出場4位を走っている。昨季、江原FCとのリーグ最終戦で記録した40歳7カ月2日がその記録だ。Kリーグ最高齢出場5位は、2011年まで現役を続けたキム・キドン(39歳9カ月18日)だ。

もっとも海外に目を向ければ、現役生活の固定観念をはるかに超えたケースもある。日本のJリーグには50代になっても現役活動をしている選手がいる。

満52歳でJリーグ最高齢出場記録を更新した横浜FCの三浦知良が主人公だ。彼はブラジルでプロデビューし、今年35年目のシーズンを迎える。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集