キング・カズが静かに韓国を訪問した理由「江南FCとの親善試合を希望する」

2019年10月24日 サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

50代に入っても現役でプレーする日本のサッカー選手、“キング・カズ”こと三浦知良(52・横浜FC)の情熱は誰もが認めている。

三浦は1986年にブラジルの名門サントスでプロデビューし、現在まで現役生活を続けている。日本サッカーで彼が進む道がそのまま歴史になるというほど、三浦の存在は独特だ。

【あの人は今】あの韓国人Jリーガーは今どこで何をやっているのか

プロサッカー選手は普通、30代後半に入ると引退を考えたりもするが、彼はまだ現役から退くつもりはない。それだけにコンディション管理も徹底している。“チーム・カズ”の名のもとに、フィジカルコーチ、リハビリトレーナー、栄養士、マネージャーなどがついて彼を管理するほどだ。

三浦は1990年代、激しく戦った韓国にとって、最も警戒しなければならない選手だった。特に1993年10月、カタール・ドーハで開かれた1994年アメリカW杯最終予選の日韓戦で、決勝ゴールを決めて両方の拳をぎゅっと握り締めたシーンは、韓国サッカーの屈辱的な場面のひとつだろう。

そんな三浦が10月21日、1泊2日のスケジュールで静かに韓国を訪れた。

目的は、江原FCのキム・ビョンス監督だ。

三浦とキム・ビョンス監督に深い親交があるわけではない。縁があるとするなら、1993年のJリーグ発足当時、日本の実業チームのコスモ石油四日市FCでキム監督がプレーしていたことくらいだろう。

(写真提供=三浦知良)キム・ビョンス監督と韓国で会った三浦

なんの縁もない三浦がキム監督を訪ねた背景には、三浦が大切にしている後輩・中里崇宏がいる。

三浦はプレシーズンにグアムで行う個人トレーニングに、中里をいつも連れていく。三浦は去る7月、江原FCに入団した中里を通じて、“ビョンス・ボール”と呼ばれるキム監督のサッカーに接した。

“ビョンス・ボール”とは、選手たちがポジションを大胆に変えながら、すべてのポジションで攻撃的な動きを見せるキム・ビョンス監督の独特の戦術だ。

事情をよく知るサッカー関係者によると、中里は三浦に「こんなサッカーと監督は初めて」とキム監督を紹介した。これにより江原FCの試合に興味を持った三浦がサッカー人として交流するために、韓国を訪れたのだ。

1993年以来、26年ぶりにキム監督と再会した三浦は、「その時代のキム・ビョンスのゴールシーンを覚えている。技術的に非常に優れた選手だった」とし、「江原FCは非常に興味深く、戦術的に優れたチーム」と言葉を交わしたという。

2人の交流はこれで終わりではない。中里とともに“ビョンス・ボール”に魅せられた三浦は、親善試合まで念頭に置いていた。

三浦はキム監督に「江原が受け入れれば、11月のAマッチ休息期に横浜FC(2部)との親善試合を希望する」と伝えた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集