ウェブドラマや動画配信者とのコラボも…過去最大の盛況見せたKリーグの“SNS活用法”とは

2019年12月17日 サッカー #Kリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

試合がスタジアムだけでしか観られない時代はもう終わった。速報を確認すべくテレビに張り付いたことも過去の話だ。

【関連】観客数が飛躍的に増加したKリーグ…その2つの要因とは

今の時代、サッカーファンはSNSを通じて自分の好きなサッカーコンテンツを探し、積極的に消費している。特にユーチューブなどといった動画共有サービスの成長は爆発的だ。

韓国プロサッカー連盟(以下、連盟)は、変化にいち早く対応した韓国スポーツ団体のひとつだろう。

2019年1月には“ニューメディアチーム”を新設し、関連業務を専門で担当させた。他にも試合進行と同時に得点やシュート、ハイライトなどの映像クリップを、各種SNSを通じてリアルタイムでファンに提供した。

その結果、インスタグラムやフェイスブック、ユーチューブなど連盟が運営するSNSでは各2万人以上、加入者数やフォロワー数が増加した。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ウェブドラマ『ツー・ハーツ』

ニューメディアを活用したKリーグ関連コンテンツは試合だけにとどまらない。その代表例が、Kリーグをテーマにしたウェブドラマ『ツー・ハーツ』だ。元B1A4のBAROことチャ・ソヌを主演に抜てきし、その他にも韓国内で有名な芸能人を起用するなど、Kリーグへの関心が薄い層へのアプローチもできた。

全6話で構成されたこの作品は、毎回の劇中に登場したKリーグ関連の人物や事柄について説明するエピローグも収録されている。『ツー・ハーツ』は現在、ユーチューブ累計視聴回数約89万回を記録しており、Kリーグのファン拡大に多大な貢献をもたらした。

有名動画配信者とのコラボも

有名動画配信者ともコラボレーションし、韓国内で話題を集めた。

昨シーズン、Kリーグ広告大使に韓国で有名なサッカー動画配信者のガムストを選んだ連盟は、これを模範にニューメディア市場の期待効果を確認できた。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)スタジアムで生配信するリルカ

今シーズンはパク・ムンソンやイ・ジュホンといったサッカー解説委員はもちろん、カン・ウンビやリルカなど、サッカーファンとして知られる女性動画配信者ともコラボし、新しいコンテンツ量産に注力した。

これにより、メディアデーの風景もがらりと変わった。

司会者として登壇した動画配信者らは、イベントの様子を個人チャンネルを通じて生放送し、イベント終了後には各チームの監督や選手、関係者の裏話を伝えるなどといった新たな試みも行った。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)10月16日に行われたファイナルラウンド・メディアデーに多くのファンが参加している

連盟はこれまで、スプリット・ラウンド突入後に減少を辿る観客動員数に悩まされていた。

その対策として、連盟は名称を「ファイナルラウンド」と変更した他、ファンの理解度を試す「Kリーグ・オタク力テスト」を考案。SNSを通じて参加した総勢3700人の応募者の中から、満点の人にプレゼントとメディアデー招待券を贈呈し、“ブームアップ”に一役買った。

結果、今シーズンは過去2年と比較し平均観客動員数に増加が見られた。ニューメディアを活用した広報活動が結実したといっていいだろう。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集