渋野日向子vs鈴木愛よりも激戦か…韓国で加熱する女子ゴルフ「東京五輪」出場権争い

このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木愛が2年ぶりの賞金女王になったことで幕を閉じた2019年の国内女子プロゴルフツアー。渋野日向子の追い上げもあって最終戦までもつれた賞金女王レースは大いに盛り上がったが、すでに次の戦いが注目されている。

来年の東京五輪の出場権をかけた争いだ。

60人の選手で競われる東京五輪女子ゴルフの出場選手は、来年6月末の世界ランキング基準で決まる。上位15位以内の選手なら1カ国につき最大4人まで出場可能となっており、それ以降でも各国・地域で上位2位までとなっている。

12月3日発表の世界ランキングでは5位の畑岡奈紗、12位の渋野日向子、17位の鈴木愛に絞られるが、実は先週末、韓国では東京五輪への出場が濃厚視される選手たちが多数顔を揃えていた。

11月29日から12月1日まで韓国の慶州(キョンジュ)で行われた「パク・インビ インビテーショナル」がそれだ。

パク・インビとは2012年と2013年に米国女子プロゴルフ(LPGA)ツアーで賞金女王に輝き、世界ランキング1位はもちろん、2016年リオデジャネイロ五輪・女子ゴルフで金メダルに輝いた韓国女子ゴルフ界の女王。

(写真提供=KLPGA)パク・インビ

そのパク・インビを中心とするチームLPGAとチームKLPGA(韓国女子ブロゴルフ協会)が、それぞれ12人ずつ出場する対抗戦が行われた。

「韓国女子ゴルフのオールスター戦」と称され、今年で5回目を数えるが、チームLPGAのメンバーにはリディア・コー(ニュージーランド)、ミンジ・リー(オーストラリア)、ダニエル・カン(アメリカ)など韓国にルーツを持ち、東京五輪出場が有力視される選手たちが顔を揃えた。

【写真】「実はあの美人プロもそうだった!!」世界で活躍する韓国系の女子ゴルファーたち

もちろん、今シーズン米国女子ツアーで大活躍した韓国人選手も勢揃いだった。

東京五輪のメダルよりも韓国代表になるほうが難しい

例えばコ・ジンヨン。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事