「実はあの美人プロもそうだった!!」世界で活躍する韓国系の女子ゴルファーたち

このエントリーをはてなブックマークに追加

女子ゴルフ界は今や韓国勢が主役の時代だ。

例えば日本。2018年はアン・ソンジュが通算5勝で3度目の賞金女王に戴冠し、年間MVPのメルセデス最優秀選手賞に輝いた申ジエはメジャー3勝を含め通算4勝を達成。黄アルムは3勝、ペ・ヒギョンとイ・ミニョンが1勝、これにアメリカ・ツアーで活躍するユ・ソヨンが日本女子オープンを制覇。韓国人選手だけで通算15勝を挙げた。

イ・ボミ、キム・ハヌルら “韓国美女ゴルファー神セブン”の優勝はなかったが、2018年も日本女子ゴルフ界では韓国勢の活躍が目立った。

(参考記事:イ・ボミ、アン・シネ、そして…韓国女子ゴルファー“神セブン”を一挙紹介!!【PHOTO】

アメリカのLPGAツアーでも韓国人選手は強い。パク・ソンヒョンがメジャー大会のKPMGウィーメンズPGAチャンピオンシップを含め3勝を飾り、7月のメジャー大会であるピュアシルク・バハマLPGAクラシックではキム・セヨンが制覇。そのほか、パク・インビ、チ・ウンヒ、ユ・ソヨン、チョン・インジ、コ・ジンヨンなどがそれぞれ1勝を挙げ、通算9勝を挙げた。

韓国人選手だけで2018年は通算24勝も挙げたのだ。

韓国では世界で女子プロゴルファーたちを総称して「太極娘子(テグッナンジャ)」という言葉を使うが、まさに太極娘子たちの強さは圧倒的だ。

特筆すべきは、これら韓国人選手だけではなく、近年は韓国系の女子ゴルファーたちの活躍も目覚ましいことだ。

アメリカや日本で、「えっ!? 彼女も韓国系だったの?」というツヨカワ美女ゴルファーたちを一挙に紹介しよう。

ミシェル・ウィー(韓国名:ウィ・ソンミ)

(写真提供=KLPGA)ミシェル・ウィー

言わずと知れた美女ゴルファー。両親が韓国人。ハワイ生まれハワイ育ち。かつて天才少女と言われ、“女性版タイガー・ウッズ”との声も。

リディア・コ(韓国名:コ・ボギョン)

(写真提供=KLPGA)リディア・コ

ソウル生まれで6歳のときにニュージーランドに移住した韓国系ニュージーランド人。

アリソン・リー(韓国名:イ・ファソン)

(写真提供=KLPGA)アリソン・リー

父親は韓国人とアイルランド系アメリカ人のハーフで、母は韓国で生まれアメリカに移住したニューカマー。ロスアンゼルスで生まれ育った。

ミンジ・リー(韓国名:イ・ミンジ)

(写真提供=KLPGA)ミンジ・リー

韓国人の両親のもと、オーストラリアで生まれた育った韓国系オーストラリア人。母親はティーチングプロ。

ダニエル・カン(韓国名:カン・ヒョリム)

(写真提供=KLPGA)ダニエル・カン

韓国・釜山市で生まれ、6歳の頃に家族とともにアメリカに移住。2017年にはプロ転向5年目で初優勝。しかも、KPMG女子PGAチャンピオンシップというメジャー大会だった。

ジェニファー・ソン(韓国名:ソン・ミニョン)

(写真提供=KLPGA)ジェニファー・ソン

両親は韓国人でアメリカ生まれアメリカ育ち。一時期、韓国に帰国したが、ふたたびアメリカに戻り、2009年にはUS女子アマチュア王者になった。

NEXT:あの日本人選手も、実は韓国系だった!!

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事