韓国代表ユニに「リポD」広告があって問題視。「韓国野球の威厳が地に落ちた」とも

このエントリーをはてなブックマークに追加

WBSCプレミア12に挑む野球韓国代表チームが、ユニホームに日本語で書かれた「リポビタンD」広告パッチを袖に付着していることが問題視されている。

韓国野球委員会(KBO)が改善に向けて最善を尽くしているが、資本の論理がまず先なので変更するかどうかは不透明だ。

2020年東京五輪の本大会進出を狙う野球韓国代表は、本大会への出場切符がかかったプレミア12を準備するため、11月1日、プエルトリコ代表と強化試合を行った。

試合は4-0で韓国が勝利したが、以前になかった広告が韓国代表ユニホームにあり、注目を集めた。

【関連】まだある!!計10種目の韓国代表チームが“日本製ユニフォーム”を使用

当初支給されたユニホームには、KBOが独自契約した「シェル ・ヒリックス エンジンオイル」の広告だけが付着していた。

ただでさえ、野球韓国代表のユニホーム会社が日系企業のデサントであることから不適切だという議論が起きている今日この頃だ。

デサントは日韓関係が冷え込む前に、いわゆる救援投手として代表チームへの支援を約束した。2013年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)までユニホームスポンサーだったナイキとの契約が終わったため、登場したのがデサントだ。

デサントとは2021年までユニホームスポンサー契約が締結されている。他のスポンサーを探すのも難しい状況なので、KBOだけでなく大韓野球ソフトボール協会(KBSA)も手をこまねいているしかないのが実情だ。

そんななか、韓国代表ユニホームの右袖にカタカナで「リポビタンD」の文字が取り付けられた。

リポビタンDは、日本の大正製薬が開発した滋養強壮飲料だ。韓国では、東亜製薬が販売しているバッカスと商標や味が似ていて論争が巻き起こった飲料だ。

なぜ韓国代表ユニに日本語広告?

なぜ今回、日本企業が作った飲料広告を日本語そのままに韓国代表チームのユニホームにパッチで貼り付けられているのか。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事