ザルツブルクの“日韓デュオ”、南野とファンの活躍に名将クロップも苦笑い

2019年10月03日 サッカー #欧州サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

ザルツブルクの“日韓デュオ”が爆発した。ファン・ヒチャンと南野拓実が終始一貫してリバプールに脅威を与えた。

ザルツブルクは10月3日(日本時間)、英アンフィールドで行われたリバプールとの2019-2020欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグE組・第2戦で3-4の惜敗を喫したしたが、2人の活躍が目立った試合でもあった。

ザルツブルクは序盤、リバプールに主導権を奪われた。ボール占有率が30%台と停滞し、攻撃チャンスを掴めず、リバプールに3点のリードを奪われた。

【関連】マンUの日本人スカウトが語る日韓選手の特徴「香川真司の後継者を探しているが…」

だが、ザルツブルクには南野とファン・ヒチャンがいた。

右サイドで先発出場した南野は前半30分を過ぎたあたりからホジションを中央に移動し、安定的なボールキープとパスでザルツブルクの中央をリードした。

前線に位置したファン・ヒチャンは、持ち味である直線的な動きでリバプール守備陣を苦しめた。0-3でリードされた前半39分にはリバプールのDFファン・ダイクを交わして、右足シュートを放ちゴールネットを揺らした。チャンピオンズリーグ2試合連続ゴールだった。

(写真=ザルツブルク公式サイト)

前半を1-3で終えたザルツブルクの2番目のゴールは、ファン・ヒチャンと南野の完璧な呼吸によって作られた。

後半11分、左サイドからボールを取ったファン・ヒチャンは逆サイドを一度確認した後、長いクロスを上げ、これをゴール前で待っていた南野が正確な右足ボレーシュートでゴールに押し込んだ。

ファン・ヒチャンと南野は共に喜びを分かち合い、リバプールのクロップ監督は苦笑するしかなかった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事