【現地取材】EL決勝ゴールの堂安律と対照的…韓国代表チョン・ウヨンの自戒「改善しなければ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

UEFAヨーロッパリーグ(EL)デビューを飾った韓国代表FWチョン・ウヨン(22、フライブルク)が、さらなる発展を誓った。

【注目】ソン・フンミンが「現役中は結婚しない」意外な理由

チョン・ウヨンは9月9日(日本時間)、ホームのヨーロッパ・パーク・シュタディオンで行われたELグループG第1節のカラバフ(アゼルバイジャン)戦に先発出場し、後半43分の交代まで88分間プレーした。

試合はイタリア代表MFヴィチェンツォ・グリフォ(29)のPK成功、日本代表FW堂安律(24)の追加点でフライブルクが2-1と勝利した。

チョン・ウヨンはゴールやアシストを記録することはできなかったが、自身のELデビュー戦で積極的なプレーを見せ、チームの攻撃をけん引した。

堂安と対照的なチョン・ウヨン「改善しなければ」

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集