浦和ユース出身、元福岡の邦本宜裕が欧州初ゴール!7月に韓国で飲酒運転、全北現代と契約解除も

このエントリーをはてなブックマークに追加

飲酒運転摘発で全北現代(チョンブク・ヒョンデ)を退団した後、活躍の場をポルトガルに移した日本人MF邦本宜裕(24、カーザ・ピアAC)が新天地での初ゴールを決めた。

【関連】韓国でも問題視された邦本宜裕の“規律面”

邦本は8月30日(日本時間)、アウェーのエスタディオ・D・アフォンソ・エンリケスで行われたプリメイラ・リーガ第4節のヴィトーリア・ギマランイス戦で、前半7分に先制となる決勝ゴールを決めてチームを1-0の勝利に導いた。

当時はチームメイトが左サイドで相手選手からボールを奪うと、これを見た邦本が自陣から激走。最後はペナルティエリア手前でパスを受け、ワントラップから利き足の左足でシュートをネットに突き刺した。

邦本は去る22日に行われた前節のボアヴィスタ戦でも、1アシストの活躍でチームの2-0の勝利に貢献していた。そして今回、ポルトガルでの初ゴールを決めるとともに、2試合連続でスコアポイントを記録した。

(写真提供=Global Imagens/アフロ)邦本宜裕(左)

1997年10月生まれの邦本は浦和レッズユース出身。アビスパ福岡を経て2018年に韓国Kリーグに進出し、慶南(キョンナム)FCでの活躍を受けて2020年に王者・全北現代(チョンブク・ヒョンデ)に加入した。

全北現代では2022シーズンに14試合4ゴール1アシストを記録し、ラウンドMVPに1度、ラウンドベストイレブンに3度選ばれるなど活躍を見せていたが、今年7月8日未明に飲酒運転が警察に摘発され、13日に双方合意の上で契約を解除。

そして同月27日、83年ぶりに1部昇格を果たしたカーザ・ピアACへの加入が発表された。ポルトガルでは現在まで行われた4試合すべてに先発出場しており、攻撃陣の主力の一角を担っている。

なお、カーザ・ピアACの次戦は来る9月4日、ホームのエスタディオ・ピナ・マニクで行われる第5節のアロウカ戦を予定している。

【動画】邦本宜裕、韓国時代に魅せた「華麗ルーレット」

浦和レッズとのACL準決勝で痛恨のPK失敗…全北現代DF「責任感じる」

埼スタで完全敵地も「幸せで素晴らしい経験だった」 全北現代DFが浦和戦を回想

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集