女子バレーロシア代表コーチが人種差別行為…韓国側は正式に抗議「見過ごさない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国バレーボール協会が人種差別行為をしたロシア側に対して、正式に問題を提起する。

韓国バレーボール協会関係者は8月7日、「協会はロシア代表コーチの人種差別行為を見過ごさないことにした。ロシアバレーボール協会側に正式文書を送って問題を提起し、適切な措置をとるよう強く要求する予定だ」と明かした。

そして「人種差別は近年、国際的に大きな問題となるテーマであるだけに、国際バレーボール連盟(FIVB)にも状況を正確に知らせる。適切な措置を期待している」と伝えた。

韓国バレーボール協会は8月7日中に、ロシアバレーボール協会と国際バレーボール連盟の両方に公文書を発送する予定だ。

渦中の人物は、女子バレーロシア代表のセルジオ・ブサート首席コーチ。去る8月5日、ロシアで行われた2020年東京五輪の世界予選グループEの第3戦で、ロシアは韓国と対戦した。試合後、同コーチは典型的な人種差別行為といえる、目を引っ張って細めるジェスチャーを行った。

公の場で堂々と人種差別ジェスチャーを行い、その写真がロシアメディアを通じて報じられた。

ロシア代表コーチの写真を公開したロシアメディア

当時、現場にいた韓国人選手や関係者らは、その場面を目撃していなかったという。ロシアは同試合で韓国に劇的な逆転勝利を収めており、オリンピック出場権を獲得している。

【関連】女子バレー韓国代表、東京五輪の出場権獲得に失敗…痛恨の逆転負け

最近、世界のスポーツ界で人種差別行為は、非常に強く禁止されている。

最も国際的なスポーツであるサッカーの場合、国際サッカー連盟(FIFA)が人種差別禁止キャンペーンを積極的に実施。イングランド・プレミアリーグでは、人種差別をした観客を逮捕して、スタジアムへの永久立入禁止などの処分を下すこともある。

選手や関係者が人種差別行為をした場合は、さらに強力な懲戒が与えられる。

2年前、韓国との試合で、ブサート首席コーチと同じ人種差別ジェスチャーを行ったコロンビアのサッカー選手エドウィン・カルドナは、Aマッチ5試合の出場停止処分を受けた。

しかもブサート首席コーチはイタリア国籍で、女子バレー韓国代表を率いるステファーノ・ラバリニ監督と同じ出身国だ。韓国バレーボール協会関係者は、「正確にわからないが、バレーボール界はそれほど広くなく、ラバリニ監督が有名人であるだけに知り合いではないだろうか」と複雑な思いを明かした。

韓国バレーボール協会の抗議を受け、ロシアバレーボール協会と国際バレーボール連盟がどのような判断を下すかは、まだわからない。それでも協会による正式な抗議であるため、ブサート首席コーチは国内だけでなく、国際的にも非難を避けることができない見通しだ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事