神戸MF橋本拳人と同事例の韓国代表MF、FIFA特例延長で去就再注目…「欧州移籍」か「国内残留」か

2022年06月22日 サッカー #Kリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kリーグ1(1部)のFCソウルに所属する韓国代表MFファン・インボム(25)に“残留”の道が開かれた。

【写真】「NO、戦争!」元Jリーガーの反戦メッセージ

国際サッカー連盟(FIFA)は6月22日(日本時間)、ロシアのウクライナ侵攻と関連した特例措置について、「ロシア・プレミアリーグの外国人選手が6月30日まで既存の契約と関係なく他チームと臨時契約を結ぶことができる規定をもう1年延長する」と発表した。

このため、ファン・インボムのほか、ロストフからヴィッセル神戸に短期契約で加入中の日本代表MF橋本拳人(28)のように、ロシアでプレーしていた外国人選手は、来る2023年6月30日までロシアクラブとの雇用契約を中断し、他チームに所属することができるようになった。

本人は国内残留に肯定的だが…

FIFAの決定によってファン・インボムの去就はさらに関心事となった。

ロシアではルビン・カザンに所属していたファン・インボムは、FIFAの特例措置を活用し、今年4月にFCソウルと3カ月間の短期契約を結んだ。

当初の予定では6月30日にも契約が終了し、ルビン・カザンに復帰しなくてはならなかった。ただ、今回の特例措置延長によって、ファン・インボムの選択肢はさらに広がることになった。

ファン・インボム

FCソウル率いるアン・イクス監督はじめ、クラブ全体としても、ファン・インボムを必ず残留させ、シーズン後半の巻き返しの動力とする意志が強い。キャプテンの元韓国代表MFキ・ソンヨン(33)など、代表チームでともにした経験のあるチームメイトも、残留のための説得に乗り出している。

ファン・インボム自身、FCソウル残留には肯定的のようだ。何より、アン・イクス監督が掲げるビルドアップサッカーに好感を抱いている。また、今年11月のカタールW杯本大会に備え、FCソウルで安定的な生活、プレーを続けながら、コンディションを調整できることも有益だ。

変数となるのは欧州クラブからのラブコールだ。ファン・インボムをめぐっては、これまでドイツ・ブンデスリーガやフランスのリーグ・アンなど、各国の一部クラブが関心を持っていると伝えられてきた。

欧州初挑戦のルビン・カザンで活躍を披露し、ビッグリーグへのステップアップを夢見てきたファン・インボムとしては、数少ない欧州進出のチャンスをつかみたい気持ちもある。欧州クラブ側としても、移籍金なしでファン・インボムを獲得できる状況なだけに、積極的なオファーを仕掛けるものとみられる。

国内残留か欧州再挑戦か。ファン・インボムに選択の時が近づいている。

「天下のイニエスタも食い止められない」弱り目に崇り目のヴィッセル神戸

イニエスタも影響された『キャプテン翼』が韓国では拒絶された理由

イニエスタ「韓国で試合ができて幸せ」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集