全勝中の日本とあまりに対照的…女子バレー韓国代表、ネーションズリーグでドロ沼の8連敗に沈む

このエントリーをはてなブックマークに追加

これで何連敗だろうか。FIVBバレーボールネーションズリーグ(VNL)の女子予選ラウンドで韓国代表がまたしても負けた。

【写真】「この世の美貌じゃない」韓国女子バレー選手のビジュアル

韓国は6月20日(以下、日本時間)、ブラジル・ブラジリアで行われたVNL第2週予選ラウンド第8戦でトルコにセットカウント1-3(25-20、13-25、19-25、15-25)で敗れた。

カン・ソフィ(24、GSカルテックス・ソウルKIXX)が13得点でチーム最多を記録し、そのほかキム・ヒジン(31、IBK企業銀行アルトス)が11得点、パク・ジョンア(29、韓国道路公社ハイパス)とチョン・ホヨン(20、KGC人参公社)が各10得点を記録したが、初勝利を挙げることはできなかった。

(写真提供=新華社/アフロ)韓国代表キム・ヒジン(右)。写真は16日のドミニカ共和国戦

韓国はVNLに出場している16カ国のなかで唯一勝ち点がない。8試合全敗で勝ち点はゼロと、ここまで8戦全勝の日本代表とはあまりに対照的だ。

これまでの7試合はすべてセットカウント0-3のストレート負け。今回のトルコ戦で初めてセット獲得に成功したものの、全敗が響いて世界ランキングでは19位まで順位を落としてしまった。

昨夏の東京五輪を最後に代表を引退したキム・ヨンギョン(34)、ヤン・ヒョジン(32、現代建設ヒルステート)、キム・スジ(35、IBK企業銀行アルトス)らの空白が非常に大きいものとみられる。

韓国は今回のトルコ戦、第1セットでカン・ソフィが7得点を奪い、キム・ヒジン、チョン・ホヨン、さらにはキャプテンのチョン・ホヨンが各4得点と奮闘。セッターのヨム・ヘソン(31、KGC人参公社)も鋭いサーブで1得点を加えた。

彼女らの奮闘で大会初のセット獲得を果たしたにもかかわらず、第2セット以降はトルコの猛攻に押し込まれた。第2セットを奪われると第3セットは逆転を許し、最終的に第4セットも奪われ、韓国は8連敗となった。ブロックでも6対15と、相手の高さに太刀打ちできなかった。

韓国は今後、ブルガリア・ソフィアに移動した後、来る6月29日にタイ、7月1日2時にブラジル、同日23時30分にイタリア、3日に中国と対戦する予定だ。

(記事提供=OSEN)

【写真】韓国の美女バレー選手6選

【写真】韓国美女バレー選手、“モデル顔負け”のキス顔

いじめ問題で非難轟々…「欧州逃避」した韓国女子バレー選手のイマ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集