ボルドー合流前のファン・ウィジョが告白!!「ガンバに申し訳ないが、感謝する部分もある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「早く欧州の舞台を感じてみたい」

ファン・ウィジョがいよいよ夢の欧州舞台に足を踏み入れる。フランスのボルドーに移籍したファン・ウィジョは前所属チームだったガンバ大阪での最後の試合を終えあとあと、一旦、韓国に戻ってつかの間のオフを過ごした。

7月18日午前、仁川(インチョン)空港を通じてチームがプレシーズン・キャンプを行うアメリカ・ワシントンに向かった。

出国に先立って記者たちの前に姿を見せたファン・ウィジョは、「すべてのことが新しい機会だ。初挑戦にときめいているし緊張もしている」とし、「早く適応して二桁のゴールを記録したい」と語った。

【独占】「ファン・ウィジョは欧州に固執した。G大阪は…」代理人が明かすボルドー移籍秘話

ボルドーは7月28日までアメリカで親善試合ツアーを行う。ファン・ウィジョはその期間にメディカルテストを受ける予定だという。以下はファン・ウィジョとの一問一答。

ファン・ウィジョ

―フランスリーグ進出の感想は?

「すべてが新しい機会だ。 初挑戦にときめいているし、緊張もしている」

―ソン・フンミンが伝えたアドバイスがあるか。

「特に話したことはない。フンミンは(欧州で)あまりにもうまくやっているじゃないか。僕も早く適応しなければならない」

―Jリーグのシーズン途中で移籍することになったが…?

「チームが良くない状況の中で抜けてしまって申し訳ない。それでも、良い雰囲気で送り出してくれて感謝している。それだけに(フランスに)行ってから、うまくやらなければならない」

―今季に立てた具体的な目標はあるか。

「特にないが…。 早く適応して二桁のゴールを記録できればいい。ゴールも重要だが、とりあえず試合に出ることが重要だ」

―これまで中東からも提案が多かったそうだが?

「挑戦したかった。より良い環境でより良い舞台でサッカーをしたいという気持ちが強かった」

―直接会ってみたい選手がいるとしたら?

「(フランスは)有名選手も良いチームも多い、魅力的な舞台だ。 スタジアムで彼らと戦いながら、僕も学んで経験になりそうだ。早く感じてみたい」

―韓国代表のベント監督が話してくれたことはあるか。

「さっき下で会った。特に特別なことはなかった。頑張ってこいという言葉をかけてくれた」

―フランスを足場にして、さらに高い舞台に向かうことができる。

「もちろん、さらに高い目標を夢見ている。それでもまずはフランスで良い姿を見せるのが先だ」

―2022年カタールW杯のアジア予選で北朝鮮と対戦することになったが?

「どのチームであっても、簡単な相手はいない。多く勝利して上位ラウンドに進出するのが目標だ」

―応援するファンに一言。

「感謝しているし、責任感がより大きくなる。一生懸命に頑張って良い姿をお見せしたい」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事