韓国が日本に0-3の完敗…“女帝”キム・ヨンギョンの空白をVNL初戦で痛感

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国は高さを武器に戦ったが、日本の組織力を超えることができなかった。

【写真】「この世の美貌じゃない」韓国バレー美人姉妹の圧巻ビジュアル

女子バレー韓国代表は6月2日(日本時間)、アメリカ・ルイジアナ州のシュリーブポートで行われた2022 FIVBバレーボールネーションリーグ(VNL)第1週目で、日本と対決。0-3(17-25、16-25、11-25)で完敗した。

“女帝”キム・ヨンギョンが代表を去り、世代交代に乗り出したチームにとっては痛恨の敗北だ。

ブロック(8-5)を前面に押し出し、カン・ソヒが11点、パク・ジョンアが7点を決めたが、日本の古賀紗理那(22点)と石川真佑(14点)を中心にセンターを積極的に活用した攻撃を防ぎきれなかった。

(写真提供=FIVB)レシーブするカン・ソヒ(手前)と、イ・ダヒョン(奥)

第1セット、韓国は高さを、日本はスピードを前面に押し出した。レシーブが不安定だった韓国に対し、日本は自由自在な速攻でリードする展開に。点差が5点まで広がり、韓国も反撃を試みたが、日本がセットポイントを奪った。

だが第2セットは強みの高さを充分に生かしていた。チョン・ホヨンとイ・ダヒョンのブロックで徐々にリードをつかんだ韓国。センターを生かし、一点を争うシーソーゲームとなったが、韓国は大量失点し量に献納し、10-18まで広がってしまう。キム・ヒジンに代わってライトに入ったイ・ソヌが存在感を示したが、点差を縮めるには力不足だった。

第3セットに入っても流れを変えられなかった韓国。点差は8-16とダブルスコアまで広がり、試合を通して流れを手放さなかった日本に軍配が上がった。

【写真】韓国の美女バレー選手6選

【写真】韓国美女バレー選手、“モデル顔負け”のキス顔

いじめ問題で非難轟々…「欧州逃避」した韓国女子バレー選手のイマ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集