【写真】韓国Kリーグ「マスコット総選挙」結果発表!驚異の“3年連続1位”を達成したマスコットは…

2022年05月19日 サッカー #写真 #Kリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国Kリーグ版のマスコット総選挙である「Kリーグマスコット班長選挙」の順位が発表された。

【画像】「マスコット総選挙」1位クラブが“パロディ画像”で炎上

2020シーズンの初開催から今年で3回目を迎えた「Kリーグマスコット班長選挙」は、Kリーグ1・2部全23クラブのマスコットが出馬し、2022シーズンのKリーグで最も人気のあるマスコットを100%ファン投票で選ぶイベントだ。

1位に選ばれたマスコットは“班長(パンジャン)”に選ばれ、2~3位のマスコットは“副班長(プパンジャン)”と呼ばれる。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)Kリーグ各クラブのマスコット

そんな注目の選挙は、韓国で「家族の月」と呼ばれる5月の第1週から投票がスタート。すると、例年を上回る熱気で盛んに投票が行われた。

特に、△外見リニューアルを通じて一層可愛くなったマスコットの積極的な広報活動、△スタジアム現地及び街頭での遊説、△マスコットを活用した多様な映像コンテンツ、△ファンによる途切れることのない投票認証、△各クラブの積極的なプレゼント攻勢など、ファンとクラブ間のコミュニケーションが目立った選挙となった。

今年は昨年よりも投票期間が長く設定され、5月3日から15日まで13日間行われた事前オンライン投票のほか、開票当日の16日にのみ行われたメール投票を合算し、最終順位を決定した。

そして、メール投票が終了した16日19時より、アフリカTVで生放送で行われた開票放送を通じて、投票結果が発表された。

注目の優勝マスコットは…

投票の結果、水原三星(スウォン・サムスン)ブルーウィングスのマスコットであるアギルレオンが、3万6505票を獲得して班長に選出された。アギルレオンは2020シーズン、2021シーズンの選挙でも1位に選ばれており、これで3年連続となる。

「Kリーグマスコット班長選挙」が始まって以降、一度も班長の座を譲って来なかったアギルレオンは、今年も再び強大なファンの支持を証明し、頂点に立った。

トップ3はアギルレオンのほか、積極的な遊説活動を繰り広げた蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)の「ミタ」が3万6248票で2位、ユニークな映像と選挙ソングで人々の関心を集めた浦項(ポハン)スティーラースの「セドリ」が2万3243票で3位に選出。ミタ、セドリの両マスコットは副班長に選ばれた。

(画像提供=韓国プロサッカー連盟)左からミタ、アギルレオン、セドリ

トップ3以下では、昨年までセミプロのK3リーグ(3部相当)に所属し、今季からプロリーグに参入した2部の金浦(キムポ)FCが快進撃を見せた。

金浦FCはクラブのマスコットが存在していなかったため、ホームタウンである金浦市のマスコット「ポス」を“レンタル移籍で獲得”し、今回の選挙に出馬させた。すると、投票開始以降は常に上位に食い込む人気ぶりを見せ、1万3645票の得票数で見事4位にランクインした。

そのほか、2020シーズン18位、2021シーズン16位と下位が定位置だった富川(プチョン)FC 1995の「ヘル」が、今季は6位と躍進。現在のKリーグ2(2部)で2位につけるチームの好調ぶりとともに、上位へのジャンプアップに成功した。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)1位のアギルレオン(左)、2位のミタ(右)

今年の「Kリーグマスコット班長選挙」は事前オンライン投票に計2万21人が参加し、開票当日のメール投票には計1万2347人が参加するなど、多くのKリーグファンから熱い関心を受けた。

韓国プロサッカー連盟は、Kリーグ各クラブのアイデンティティを表すマスコットを広く知らせるため、今回の「Kリーグマスコット班長選挙」イベントを企画した。

また、「Kリーグマスコット班長選挙」がファンとクラブ間のコミュニケーションの場となり、ひいてはマスコットを活用したグッズの活性化など、Kリーグの収益性増大にも寄与することを期待している。

投票結果を写真付きで紹介!

以下、「Kリーグマスコット班長選挙」の投票結果。

1位:アギルレオン(水原三星ブルーウィングス)3万6505票

アギルレオン

2位:ミタ(蔚山現代)3万6248票

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)

3位:セドリ(浦項スティーラーズ)2万3243票

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)左がセドリ。右は女の子のセスニ

4位:ポス(金浦FC)1万3645票

(画像=金浦FCのInstagram)ポス

5位:ユーティ(仁川ユナイテッド)1万3239票

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ユーティ

6位:ヘル(富川FC 1995)1万1652票

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ヘル

7位:ブォンブォンイ(忠南牙山FC)1万1173票

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ブォンブォンイ

8位:リカ(大邱FC)1万1156票

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)

9位:シュウン(金泉尚武FC)1万776票

(画像=金泉尚武のInstagram)シュウン

10位:ナイティ(全北現代モータース)1万695票

(画像=全北現代のInstagram)ナイティ

11位:チョルリョンイ(全南ドラゴンズ)1万479票

(写真=全南ドラゴンズのInstagram)チョルリョンイ

12位:チャンアンチャングン(水原FC)1万409票

(画像=水原FCのInstagram)チャンアンチャングン

13位:ボニー(光州FC)1万395票

(画像=光州FCのInstagram)ボニー

14位:カムギュリ(済州ユナイテッド)1万380票

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)カムギュリ

15位:カオ(城南FC)9780票

(画像=城南FCのInstagram)カオ

16位:トクディ(釜山アイパーク)9777票

(画像=釜山アイパークのInstagram)トクディ

17位:サランイ(大田ハナシチズン)9677票

(画像=大田ハナシチズンのInstagram)サランイ

18位:カンウンイ(江原FC)9577票

(画像=江原FCのInstagram)

19位:レウル(ソウルイーランドFC)9530票

(写真=ソウルイーランドFCのInstagram)レウル

20位:ロニー(安山グリナース)9527票

(写真=安山グリナース)ロニー(左)、ダニー(右)

21位:シード(FCソウル)9341票

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)シード(右)

22位:キョンナミ(慶南FC)9335票

(画像=慶南FCのInstagram)キョンナミ

23位:バティ(FC安養)9250票

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)バティ

(翻訳・編集=ピッチコミュニケーションズ)

【写真】Kリーグにもいる!「韓国美女チアリーダーTOP10」

感染対策緩和で声出し解禁の韓国Kリーグ、観客数はどれだけ戻った?

日本でもKリーグ全試合無料視聴が可能な『K LEAGUE TV』とは

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集