パク・チソン、CL決勝に挑むソン・フンミンについて語った言葉が話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソン・フンミンをテーマにしたドキュメンタリー『ソン・セーショナル』が5月25日に韓国のケーブルテレビ局tvNで放映され、パク・チソンの予告編コメントが話題になっている。

ドキュメンタリー番組の予告編では、ソン・フンミンと縁のあるサッカー関係者のコメントが多く紹介された。

例えばかつて世界的な攻撃手だったティエリ・アンリは「彼はいつも笑って楽しいセレモニーをして、たまにはいたずらもする」とコメント。

2005年から2008年にトッテナムで活躍しイ・ヨンピョは、「(ソン・フンミンは)すでにワールドクラスだ。それに関する論争はもはや無意味だ」と語り、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は「ソン・フンミンは本当に愛しい男だ。謙遜で完璧だ」と言った。

(関連記事:緊急調査「ソン・フンミンはワールドクラスか?」この問いへの回答は?

トッテナムが誇るテクニシャンであるクリスティアン・エリクセンは「ソン・フンミンと一緒にプレーすると、いつも呼吸が合う。そんな瞬間がある」と語り、韓国代表の先輩格であるイ・チョンヨンは「(昔は)とても子供のようだった。かわいかった」と笑った。

ロシアW杯で大活躍したGKチョ・ヒョヌは1年前のドイツ戦を思い出しながら「フンミンは試合前、“我々よりドイツがさらに緊張している。心配するな"と選手たちを励ました」と、当時のキャプテンだったソン・フンミンの覚悟を伝えた。

一方、パク・チソンは「チャンピオンズリーグ優勝は一度してみるべきだろう」と笑顔を見せた。ソン・フンミンに対する愛情がにじみ出ている一言だった。

パク・チソンはマンチェスター・ユナイテッドでプレミアリーグ優勝4回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝1回を経験している。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集