ACLグループステージ組み合わせが発表!全北現代と横浜FMが再戦、蔚山現代はPO勝てば川崎の組に

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアサッカー連盟(AFC)は1月17日、2022シーズンのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)グループステージの組み合わせを発表した。

【関連】蔚山現代、アーセナルにも在籍した元韓国代表FWを獲得

今季ACLでは、韓国勢はKリーグ王者の全北現代(チョンブク・ヒョンデ)モータース、FAカップ王者の全南(チョンナム)ドラゴンズ(2部)がグループステージから、Kリーグ2位の蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)、同3位の大邱(テグ)FCがプレーオフから出場。

抽選の結果、全北現代は横浜F・マリノス(日本)と同じグループHに入った。横浜FMとは2020年大会グループステージ以来の再戦で、当時は横浜FMが2試合とも勝利している。

韓国から史上初めて2部チームとして出場する全南は、BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)、ユナイテッド・シティ(フィリピン)、メルボルン・シティ(オーストラリア)と同じグループGに入った。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)2020年ACLグループステージでの横浜FM対全北現代

プレーオフ組の蔚山現代と大邱FCは、突破時に日本勢と同居することが決定。蔚山現代対ポートFC(タイ)の勝者は川崎フロンターレと同じグループI、大邱FC対ブリーラム・ユナイテッド(タイ)の勝者は浦和レッズと同じグループFに入る。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)2021年ACL決勝トーナメント1回戦での蔚山現代対川崎

東地区はプレーオフが来る3月15日に行われ、グループステージは4月15日から5月1日まで行われる。

8月に行われる決勝トーナメントは1回戦から準決勝まですべて一発勝負。1回戦を18~19日、準々決勝を22日、準決勝を25日に開催し、ホーム&アウェー形式の決勝は2023年2月19日に西アジアで、同月26日に東アジアで実施する予定だ。

ACLグループステージ東地区の組み合わせは以下の通り。

―グループF

山東泰山(中国)

浦和レッズ(日本)

ライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール)

プレーオフ勝者(大邱FC対ブリーラム・ユナイテッド)

―グループG

BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)

全南ドラゴンズ(韓国)

ユナイテッド・シティ(フィリピン)

メルボルン・シティ(オーストラリア)

―グループH

全北現代モータース(韓国)

横浜F・マリノス(日本)

ホアンアイン・ザライFC(ベトナム)

プレーオフ勝者(長春亜泰対予選勝者)

―グループI

川崎フロンターレ(日本)

広州FC(中国)

ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)

プレーオフ勝者(蔚山現代対ポートFC)

―グループJ

上海海港(中国)

チェンライ・ユナイテッド(タイ)

傑志(香港)

プレーオフ勝者(ヴィッセル神戸対予選勝者)

【関連】Jリーグ勢撃破クラブの平均は1900万円!Kリーグ年俸ランキング

【関連】邦本vs天野の日本人対決はいつ? Kリーグ1部の2022シーズン日程発表

【写真】横浜FMから天野純加入の蔚山現代、2022シーズンユニホームを発表

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集