J経験者は元松本山雅ジョ・ジヌのみ。U-23韓国代表が1月の招集メンバー28人を発表、アジアカップ本大会へ準備着々

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファン・ソンホン監督率いるU-23韓国代表が、U-23アジアカップと杭州アジア大会に向けた新年初練習に臨む。

【関連】韓国代表、W杯予選前に欧州2カ国と親善試合実施

韓国サッカー協会(KFA)は1月4日、U-23韓国代表が来る10日から29日まで済州(チェジュ)島・西浦帰(ソグィポ)で冬季トレーニングを実施することともに、28人の招集メンバーを発表した。

今回の招集メンバーは全選手Kリーガーで構成された。KFAによると、昨年10月にシンガポールで行われたU-23アジアカップ予選と、同年11月に慶州(キョンジュ)で行われた合宿に参加した選手を中心にメンバーを組んだという。

メンバーにはDFキム・テファン(21、水原三星ブルーウィングス)、FWキム・ミンジュン(21、蔚山現代)、MFコ・ヨンジュン(20、浦項スティーラース)、DFイ・テソク(19、FCソウル)といったKリーグ1(1部)で活躍する選手や、FWパク・ジョンイン(21、釜山アイパーク)、DFチェ・ジュン(22、釜山アイパーク)、DFイ・ジソル(22、大田ハナシチズン)といったKリーグ2(2部)の有望株も招集された。

また、負傷により昨年の招集メンバーを外れたFWチョン・サンビン(19、水原三星ブルーウィングス)、DFイ・ハンボム(19、FCソウル)は、今回初めてU-23韓国代表のトレーニングに参加する。

そのほか、Jリーグ経験者では元松本山雅FCのDFジョ・ジヌ(22、大邱FC)が招集された。

(写真提供=韓国サッカー協会)ジョ・ジヌ

U-23韓国代表を率いるファン・ソンホン監督は、「6月のU-23アジアカップまで招集の機会が多くないため、今回のトレーニングを通じてともに戦うメンバーの大筋を把握する計画だ」とし、「新シーズンに向けて準備しなければならない冬季トレーニングの期間であるにもかかわらず、選手派遣に協力してくれたKリーグ各クラブに感謝したい」と伝えた。

なお、KFAはU-23韓国代表のコーチ陣に既存のキム・ジョンスコーチとキム・イルジンGKコーチのほか、安山(アンサン)グリナースで監督代行を務めていたミン・ドンソンを新たにコーチとして招へいし、コーチ陣も構成を完了させた。

U-23韓国代表は、来る6月にウズベキスタンで開催されるU-23アジアカップで2連覇を狙うほか、同年9月に中国・杭州で開催されるアジア大会で3大会連続金メダルに挑戦する。

(写真提供=韓国サッカー協会)U-23韓国代表

以下、U-23韓国代表招集メンバー28人。

―GK

キム・ビョンヨプ(全南ドラゴンズ)

ペク・ジョンボム(FCソウル)

イ・グァンヨン(江原FC)

―DF

コ・ジェヒョン(大邱FC)

キム・リュンソン(浦項スティーラース)

キム・ジュソン(金泉尚武)

キム・テファン(水原三星ブルーウィングス)

イ・ギュヒョク(済州ユナイテッド)

イ・サンミン(忠南牙山FC)

イ・ジソル(大田ハナシチズン)

イ・テソク(FCソウル)

イ・ハンボム(FCソウル)

チョ・ウィジェ(釜山アイパーク)

ジョ・ジヌ(松本山雅FC)

チェ・ジュン(釜山アイパーク)

―MF

コ・ヨンジュン(浦項スティーラース)

クォン・ヒョクギュ(金泉尚武)

キム・デウ(江原FC)

キム・ボンス(済州ユナイテッド)

パク・ジョンイン(釜山アイパーク)

イ・スビン(浦項スティーラース)

イ・ジンヨン(大邱FC)

―FW

キム・ミンジュン(蔚山現代)

キム・セユン(慶南FC)

ソ・ジンス(金泉尚武)

イ・ホジェ(浦項スティーラース)

チョン・サンビン(水原三星ブルーウィングス)

チョ・サンジュン(城南FC)

(記事提供=OSEN)

【動画】韓国全土に衝撃!日本人Kリーガー、石田雅俊が決めた圧巻ハットトリックがコレだ

【関連】「欧州に進出しすぎて問題」の日本サッカー。それでも韓国には羨ましく映るワケ

【関連】「JFAはメンタル崩壊状態」と韓国メディア…森保監督の進退に注目

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集