「JFAはメンタル崩壊状態」と韓国メディア。森保監督の進退に注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアサッカー連盟U-23選手権で1勝も挙げられず、グループリーグ早期脱落の衝撃に陥った森保ジャパンについては、韓国でも詳しく伝えられている。

『スポーツソウル』では「日本サッカー協会、グループリーグ無勝脱落でメンタル崩壊…バンコクで緊急会議」と題したタイトルで伝えた。

【関連】「日本は恥辱の敗北だ」森保ジャパンのGL敗退を韓国メディアはどう伝えたか

記事では、『スポニチアネックス』など日本の主要メディアが伝えた森保一監督と関塚技術委員長との緊急会議実施を紹介しながら、こう綴っている。

「日本はバンコクで行われたU-23カタール代表とのグループリーグ最終戦を1-1で引き分けた。

最終戦でも勝利を得られなかった日本は、1分2敗(勝ち点1)のグループ最下位で大会を終えた。

この大会は3位以内に入れば五輪チケットが与えられる。日本はオリンピック開催国で自動出場権を得ているので、今大会の結果に大きな意味はない。

森保一監督

しかし、派手にオリンピック金メダルを目標に掲げた日本は、これまでコパ・アメリカ、E-1選手権などA代表の国際大会にU-23代表を派遣するなど、並みならぬ努力を傾けてきた。

今大会も優勝候補に挙げられていたが、 結果は正反対だった。

日本サッカー史上初めて、同大会でグループリーグ敗退の恥をかいた。

それだけに嵐が吹き荒れている。A代表とU-23代表を兼業する森保監督の指導力に疑問符がついている。今からでもU-23代表チームのみ指揮する司令塔を新たに選任しなければならないという声も出ているが、田嶋幸三JFA会長は森保監督に対する信頼を示している」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事