クリロナ不参加はメッシとの大差のせい?バロンドール獲得Pが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021バロンドール最終候補30人の獲得点数が明らかになった。

フランスのサッカー雑誌『フランスフットボール』は11月30日(日本時間)に開催された2021バロンドール授賞式でバロンドール受賞者を発表した。主人公はリオネル・メッシ(PSG)だった。

【画像】「なぜだ!!」ロナウドを直撃した韓国人ユーチューバーが“無視”される

受賞者発表に続き、最終候補30人のポイントも公開した。計613ポイントを記録した受賞者のメッシは、2位のロベルト・レヴァンドフスキ(580点)とはわずか33点差を見せた。

目立つ点数は3位のジョルジーニョ(チェルシー)の点数だ。2020-2021シーズン、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAユーロ2020、UEFAスーパーカップで優勝トロフィーを持ち上げた彼は、計460点を記録し、5位のカリム・ベンゼマ(239点)と大きな差を見せた。これは9位にランクされたキリアン・エンバペ(PSG)が獲得した58点の約8倍(7.93倍)に達する点数だ。

エムバペと共に次世代有望株として評価されるアーリング・ハーランド(ドルトムント)は33点を獲得して11位だった。

6位のクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)は178点。メッシとの差は435点もあった。 

(写真提供=AP/アフロ)クリスティアーノ・ロナウド

ソン・フンミンが所属するトッテナムの同僚のハリー・ケインは最近、不振にも関わらず23位(4点)に上がり、2019年受賞者のルカ・モドリッチが29位タイに名を連ねた。

【写真満載】「歴史的詐欺」の声も。ユーべ対Kリーグで何があった?

ソン・フンミン、メッシVSクリロナ比較に参戦「サッカーが上手いのは…」

【注目】韓国人の79.4%「C.ロナウドをもう応援しない」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集