韓国紙も感涙!! 日本が放棄した“悪魔の才能”邦本、東京オリンピックも夢じゃない

このエントリーをはてなブックマークに追加

邦本宜裕が熱い涙を流した。

慶南FCの日本人アタッカーである邦本は4月24日、鹿島サッカースタジアムで行われたACLグループリーグの鹿島アントラーズ対慶南FC戦で、後半18分に決勝ゴールを決め、チームを1-0の勝利に導いた。邦本のゴールで慶南はACL初勝利をあげたのだ。

試合は、邦本のためのものだった。邦本は彼の母国・日本のファンたちが見守る前で自らの技量を十分に発揮した。

持ち味である機敏なドリブルとチームメイトを活用するプレーで、鹿島守備を揺さぶった。決勝ゴールを決めた場面も良かったが、フルタイムを消化し、優れたパフォーマンスを披露した。Kリーグで見せてきた姿そのままだった。邦本はこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる栄誉を享受した。

【関連】邦本だけじゃない!! 元日本代表から欧州組、有名タレントもそうだった!! 歴代の日本人Kリーガー公開

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)邦本宜裕

邦本は、日本が放棄した才能だった。

満16歳だった2013年に、浦和レッズでチーム史上最年少の出場記録と得点記録を更新したほど、実力と潜在力が高かったものの、精神面が問題だった。

邦本はチームメイトと対立したり、暴行事件に巻き込まれたりもした。自己管理にも失敗し、浦和とアビスパ福岡で厳しい時期を過ごした。

邦本の心を掴んだものとは?

才能は豊かだが、プロサッカー選手になるには人格的な資質が足りないという評価を受けた。 結局、2017年には事実上チームから放出された。

再起しにくそうに見えたが、邦本は慶南FCのキム・ジョンブ監督と出会って花を咲かせ始めた。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事