「夫が女優と浮気した」ク・ヘソン&アン・ジェヒョンの“終わりなき暴露戦”

2019年09月04日 話題 #ク・ヘソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優ク・ヘソンとその夫アン・ジェヒョンの不仲が激しい暴露戦となり、ついに第三者を巻き込む“浮気説”まで浮上した。

2人の離婚騒動は沈静化するどころか、日に日に大きくなっている。もはや“ネバーエンディング暴露戦”といってもいいかもしれない。

【関連】「20代は狂ったように恋愛した」ク・ヘソンの“恋愛経験”とは

すべてはク・ヘソンが8月18日、SNSでアン・ジェヒョンとの不仲を公表したことから始まった。以降、アン・ジェヒョンも立場を表明しながらク・ヘソンの私的な話まで暴露して反論し、口論を繰り広げた。

その後、暴露戦は一時休戦していたが、ク・ヘソンは9月1日になって「私はエッセイ集『私はあなたのペット』出版を控えて、皆さんに最後の挨拶をしようと思います。これまで多くの関心と愛情をいただき、本当にありがたかったし、おかげで夢を叶えることができました」と、芸能界からの引退を示唆した。

しかし9月3日、再びSNSに「私が本当に望むのは、過ちを認めて謝罪することです。3年間お願いしたり、なだめたりしながら守ってきた家庭です」とコメントし、アン・ジェヒョンと約束した結婚生活のメモを公開した。

公開されたメモで、アン・ジェヒョンが“守るべきこと”は、「酒に酔って気分が良くても叫んだり、暴力したりしない」「外で飲むときは夜11時まで」などと書かれていた。一方で、ク・ヘソンが守るべきことは「なし」となっていて、注目を集めた。

ク・ヘソンが公開した結婚生活メモ。「アン・ジェヒョンが注意すべき点」などと書かれている

9月4日、韓国メディア『ディスパッチ』は、2人が過去2年間に交わしたメッセージ内容を公開した。同メディアはフォレンジック(ディバイスに記録された情報の回収と分析調査)の過程を経たと説明した。

同メディアは「被害者と加害者に分類される戦いではなかった」とし、どちらか一方に過ちがあるとは断定できないと伝えた。

これまで世論は、アン・ジェヒョンに非難が集中していた。

しかし、ク・ヘソンはアン・ジェヒョンが「ペットに一度もご飯をあげたり、世話したりしたことがなかった」と主張したが、アン・ジェヒョンがク・ヘソンに「エサを注文した」「ご飯をあげている」「エサを入れるところを作った」などとメッセージを送っていることが明らかになり、事態を客観的に眺めることができるようになった。

その後ク・ヘソンは、反論する立場を表明した。

彼女はSNSに、「ディスパッチのフォレンジックの結果? 今年だけで携帯電話を3回も変えた人です。離婚事由を正確にいえば、アン・ジェヒョン氏の浮気」と主張した。

アン・ジェヒョン(左)とク・ヘソン

また「現在撮影しているドラマの女優と、熱愛説があまりに多く私の耳に入った」とし、「結婚後に夫のパソコンから見つかった、女優とホテルでガウンを着たまま夜食を食べている写真を持っている。裁判所に証拠として提出する」と暴露した。

アン・ジェヒョンが“現在撮影しているドラマ”とは、『瑕疵ある人間たち』(MBC)のことで、相手役は女優オ・ヨンソだ。検索すれば、誰でもわかることだ。

それに対してオ・ヨンソ側は、ク・ヘソンの暴露を虚偽だと主張し、すぐに反論した。「当社はこのような推測性の記事を公式SNSに公開したク・ヘソン氏に対して、深刻な名誉毀損であり、虚偽事実の流布であることを明らかにし、強力な法的対応を取る予定」と明らかにした。

はたしてアン・ジェヒョンの“浮気”は事実なのだろうか。

ク・ヘソンが主張したような浮気の疑いのある写真が存在するのであれば、公開すればいいし、オ・ヨンソも事実無根なのであれば、ク・ヘソンと法廷で是々非々をはっきりさせればいい。

新たな火種が生まれ、ク・ヘソンとアン・ジェヒョンをめぐる暴露戦は、半月近くも続いている。2人の“TMI”(Too Much Information、あまりにも過剰な情報)の暴露戦が第三者にまで広がり、いよいよ破局が近づいているように見える。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事