サッカー韓国代表DFが試合中に流血騒ぎ…欧州現地メディアも速報で注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国代表DFキム・ミンジェ(25、フェネルバフチェ)が、試合中に流血して話題だ。

キム・ミンジェは10月3日(日本時間)、カスムパシャとのトルコ・スュペルリギ第8節に先発出場し、2-1の勝利に貢献した。 

この日、3バックの中央に位置したキム・ミンジェは、UEFAヨーロッパリーグ(UEL)を含めて8試合連続で先発出場。安定感のある守備とビルドアップ能力の高さで、チームの中心選手としての地位を固めたキム・ミンジェだったが、この試合では。あわや途中退場になるかもしれない場面が見られた。

 

久保建英の同僚イ・ガンインはなぜ代表に招集されない?指揮官が明らかに【一問一答】

キム・ミンジェ

それは前半9分、キム・ミンジェは相手DFのエヴレン・エレン・エルマリと衝突し、唇が裂けたことで流血。この出来事に対してトルコのテレビ局『FBスポーツ』は、キム・ミンジェが試合中に唇が裂けて応急処置を受ける場面と記事を速報で報道。幸い大事には至らず、キム・ミンジェはこの試合フル出場し、大きな問題がないことを示していた。

キム・ミンジェが加入後すぐに存在感を発揮しているフェネルバフチェは、この日の勝利で3連勝を記録。勝ち点を19(6勝1敗1分け)に伸ばしたことで単独首位に立ち、2位のトラブゾンスポル(勝ち点18)を引き離している。

今季から欧州初上陸のキム・ミンジェは、早くもチームの大黒柱として活躍しており、この試合後には2022カタールW杯アジア地域最終予選のため帰国する予定だ。

韓国代表のほとんどの選手は、10月4日に坡州(パジュ)のサッカー国家代表トレーニングセンター(NFC)に集うが、キム・ミンジェをはじめ、ソン・フンミン(29、トッテナム)、ファン・ウィジョ(29、ボルドー)などの欧州組は、1日遅れて5日に合流する。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集