【独占写真】韓国代表、ソン・フンミン負傷欠場も最終予選初勝利!写真で振り返るレバノン代表戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月7日、韓国の水原(スウォン)ワールドカップ競技場で行われた2022年カタールW杯アジア最終予選グループA第2戦の韓国代表対レバノン代表。

【関連】レバノンメディアが日本人主審に難癖のワケ

試合は途中出場のMFクォン・チャンフン(27、水原三星ブルーウィングス)のゴールが決勝点となり、韓国が1-0で勝利。韓国は主将で絶対的エースのFWソン・フンミン(29、トッテナム)が負傷欠場するアクシデントもあったが、辛くも最終予選初白星を挙げた。

去る2日のイラク代表戦で引き分けた韓国は2試合を終えて勝ち点4とし、同組で唯一全勝中のイラン代表(勝ち点6)に次ぐ2位につけた。

韓国は来る10月の最終予選2試合で、同月7日にホームでシリア代表、12日にアウェーでイラン代表と対戦予定だ。

ここでは、韓国とレバノンの試合の様子を独占写真で振り返る。

韓国代表の国歌斉唱
韓国代表の円陣
観客席で試合を見守ったソン・フンミン
ファン・ヒチャン
ファン・インボム
相手選手と衝突するナ・サンホ(左)
選手に指示を送るパウロ・ベント監督
レバノン率いるイワン・ハシェック監督は広島などで活躍した元Jリーガー
ヘディングを試みるキム・ミンジェ(右)
得点直後、喜びを爆発させるクォン・チャンフン
アシストしたファン・ヒチャンと抱擁するクォン・チャンフン
クォン・チャンフンの得点に拍手を送るソン・フンミン
決定機を逃し残念がるファン・ウィジョ
試合後、互いに健闘を称え合う韓国とレバノンの選手
ソン・フンミン(中央)と話を交わす佐藤隆治主審(左から2番目)
最終予選初勝利を喜ぶキム・スンギュ(右から3番目)、ファン・ヒチャン(同4番目)ら
健闘を称え合う韓国の選手たち。写真右ではジョアン・オマリがキム・スンギュらと交流

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集