ソン・フンミンが在英韓国人の子どもたちと交流!夏休み中の学生とオンラインで“特別な時間”

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国代表FWソン・フンミン(29、トッテナム)が、英ロンドン在住の韓国人学生とオンラインで交流した。

【写真】ベッカム以来21年ぶり!英ファッション誌の表紙飾ったソン・フンミン

トッテナムは8月25日(日本時間)、公式ホームページを通じて「ソン・フンミンが夏休みを迎えたロンドン・コリアン・スクールの学生とオンラインで交流し、学生たちの疑問を解決する時間を持った」と伝えた。

ロンドン南西部に所在するロンドン・コリアン・スクールは、5歳から16歳まで幅広い年代の約200人の在英韓国人が通う学校だ。

今回の交流では、約30人の学生がソン・フンミンに質問できる機会を得た。学生たちは、ソン・フンミンに「モチベーションはどうやって生み出していますか?」「自信の秘訣を教えてください」「サッカー選手になれなかったらどんな仕事をしていましたか?」などさまざまな質問を投げかけた。

また、学生たちはソン・フンミンを応援するポスターを自ら制作し、ソン・フンミンを感動させた。

(写真提供=ロイター/アフロ)ソン・フンミン

イベント終了後、ソン・フンミンは「ロンドン・コリアン・スクールの学生たちと話ができて楽しかった。サッカー選手として学生たちにアドバイスをしたことが、僕にとっても大きなモチベーションになった。自分たちで作ったポスターとカードを見せてくれた彼らに感謝したい。本当に素晴らしかった。残りの夏休みも楽しんでほしい」と、学生たちにエールを送った。

また、ロンドン・コリアン・スクールのキム・ジヘ副校長は、「韓国の国民的英雄であるソン・フンミンと話ができて良かった。学生たちにとって、今日という日は長く記憶に残る一日となるだろう。素晴らしい機会を与えてくれたトッテナムとソニー(ソン・フンミンの愛称)に感謝したい」と伝えた。

2015年夏からトッテナムに在籍するソン・フンミンは、今年7月に2025年6月までの契約延長を発表。8月中旬に開幕した2021-2022シーズンのプレミアリーグでは、開幕節のマンチェスター・シティ戦で決勝点を挙げるなど、変わらぬ活躍を予告している。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集